財布の1万円は誰のもの?

少し前に、
お金に穴をあけるという細工をして
逮捕されてしまったマジシャンがニュースになりました。

一見さらっと流してしまいそうな情報ですが、
これは先入観を否定する、大事なニュースなのです。
例えば、こんな実験をしてみたらどうなるのか?

<実験1>
場所:   最寄りの交番の前
持ち物:  左手に「自分のスマホ」。右手にドリル
やること: 勢いよく「スマホ」に穴をあける!

<実験2>
場所:   最寄りの交番の前
持ち物:  左手に「自分の財布に入ってる1万円札」。右手にドリル
やること: 勢いよく「自分の財布に入ってる1万円札」に穴をあける!

<実験1>では、なぜ交番の前でそんなことを?
この人、ちょっと危ない人なんじゃないか?
・・・という警察官の個人的心情に引っかからなければ、
むしろ声すらかけてもらえないかもしれません。

けれども<実験2>の場合は、
ニュースと同じように、警察にご厄介に。。。

<実験1>と<実験2>の違いは
ドリルで穴を開けたものが、
自分のスマホか?財布に入っていた1万円札か?
というところだけです。

「僕が汗水流して働いて稼いだ1万円なんだから
穴を開けたって自由じゃないか?
逮捕されるなんておかしい!!!」

そう感じるのは、
ぼくだけではないと思いますが。

でも、現実はそうではありません。

●●● 財布の1万円は誰のもの?

自分のスマホにドリルで穴を開けても、
自分の車をハンマーで叩き砕いても、
自分の家をクレーンで潰したって・・・
罪に問われることはないですよね。

なぜなら、スマホも車も家も
自分が「所有している」ものだから。

でも財布の1万円に穴をあけると
逮捕されてしまうんです。

先入観など全部捨てて、
現実だけに目を向けてみてください。

財布の中の1万円は、
あなたのものではない

ということなんです。

お金というものは、誰も所有権を持っていません。
誰もが使用権を持っているだけ。

財布の中に1万円札が入っているということは、
いま、あなたのところに、
そのお札の使用権が回ってきているだけという意味です。

お金なんて、所詮は全部国のもの。
ぼくらだって、会社だって、
全部、借り物のお金の使用権を行使してるだけなのです。

%signature%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA