SEOにも強いコンテンツキュレーションで、永続的にコンテンツを作り続ける!

SEOにも強いコンテンツキュレーションで、永続的にコンテンツを作り続ける!

質が低いと言われているのは、文章が下手だという問題を言っているのではありません。SEO目的による自作自演のバックリンクサイト。そこに大量に投稿されるコピペの文章、つまり誰の役にも立たないどこにでもある情報。こういったものが『質の低い』文章だといえます。

一般的に言われるGoogleの行ったパンダアップデート。WEB世界の流れは、より『コンテンツ重視』をしていく流れに確実になっています。

とはいえ、質の高いコンテンツを作り続けることは、本当に難しい。いや・・・質が低かったとしても、コンテンツを作り続けること自体、なかなか大変なのですが。

コンテンツキュレーションで無理なく質の高いコンテンツを作る

質の高いコンテンツを作るためには、『すべてが完全に』オリジナルでなければならないのか?

実はそうではないのです。逆に問いたいぐらいです。すべて完全にオリジナルの情報しか出していない人はいるのか?・・・と。

情報には、「客観的な情報」と「主観的な情報」の2つがあります。

「客観的な情報」だけをどこからから持ってきて、コピペで公開しまくる。これであれば、そこまで有益な『質の高い情報』にはならないと思います。その情報が希少性の高いものであれば別ですが、どこにでもある・・・例えば各クレジットカード会社のページから情報だけを抜き出して公開しているというような『WEBメディア』には、あまり魅力がありませんし、SEO的にも強くはならないと思います。

情報のオリジナル性を出すのは、「主観的な情報」の方です。この「主観的な情報」を無理なく引き出していく方法が、ぼくは『コンテンツキュレーション』だと思っています。

コンテンツキュレーションとは?

コンテンツキュレーションというのは、『何らかのテーマや価値観などに基づいて,事物を選択分類提示し共有すること』です。

もっと簡単に言うと・・・。『サーバー世界に広がるから、あるテーマにもとづいて情報を拾ってきて、自分の『主観的な意見』を元に新しいコンテンツを作ること』ですね。

先日ぼくが公開した『情報発信する時に使っている一軍ツール&サービス10選』という記事は、まさにこのコンテンツキュレーションによる記事作成の例です。

またコンテンツキュレーション自体で成り立っているWEBサイトで有名なのは、NAVARまとめですよね。

まったくのゼロのところから、新しい情報を作り出していく!ということは、これはかなり実力が必要です。ガンガンに活動的な起業家が発信する情報に魅了されるのは、それが新しく新鮮な情報だからです。

でも、みんながみんな、そんな情報発信の仕方ができるわけではありません。むしろ無理だと思いますが、コンテンツキュレーションであれば誰でもできるのです。

難易度の高い完全オリジナルの情報が『0→1』であるなら、コンテンツキュレーションは、『1+1=3』にする情報発信方法なんです。

  1. 自分で決めた軸に沿って、不足する情報を補いながら、複数サイトから情報を集める
  2. トピックに応じて分かりやすく情報を整理する
  3. 自分の意見も出しながら、情報を仕上げる

いろんなWEBサイトから、複数の情報を集めてきて自分の軸で情報を再構築する。新しい価値を作り上げる。元ネタは他人の情報だったとしても、これは立派なオリジナルで『質の高い』記事だということができますよね。

ブログの執筆、ネタ探しに困っている場合は、コンテンツキュレーションを試してみてくださいね。

追伸

小ネタですが、他人の情報を使う時は、元ネタの参考のお礼にリンクを送ってあげるといいですね。

ポイントはリンクを送るだけではなくて、元ネタのブログ管理人にお礼のメッセージやコメントを入れること。自分の記事URLをさり気なく入れて(笑)

もしかしたら相手もリンクを送ってくれるかもしれませんし、ブログから始まる新しい交流もできるかもしれませんしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA