OS X Mavericks (10.9) / 開発元が未確認のため開けません・・・

OS X Mavericks (10.9) / 開発元が未確認のため開けません・・・

「・・・は、開発元が未確認のため開けません。」

必要なデータをネットからダウンロードしてきて、いざ開こうと思うと、開発元が未確認で開くことができない場合があります。Mountain Lion の時もでしたが、今回のOS X Mavericks (10.9)も出てきてしまうようです。。。

OS X Mavericks (10.9) / 開発元が未確認のため開けません・・・

原因は簡単で、デフォルトのセキュリティ設定が、開発元が未確認のデータは開かないという風に設定されているからですね。このままだと必要なものも開けなかったりしますので、解除してみました。

「セキュリティとプライバシー」の設定から、ダウンロードしたアプリケーションの実行許可を設定する

OS X Mavericks (10.9) / 開発元が未確認のため開けません・・・

まずは「システム環境設定」を開き、セキュリティとプライバシーをクリックします。

OS X Mavericks (10.9) / 開発元が未確認のため開けません・・・

「一般」のタブを表示させると、下のほうに「開発元が確認できずに開けなかった」データの情報が記載されています。ダウンロードしたアプリケーションの実行権限は変更せず、このデータのみを開く場合は、「このまま開く」を選択します。

ぼくの場合は、毎回システム環境設定からダウンロードしたデータを開くのは面倒なので、ダウンロードしたデータを開くことができるように設定しています。

OS X Mavericks (10.9) / 開発元が未確認のため開けません・・・

変更ができるように、左下のカギマークをクリックして、パスワードを入力します。

OS X Mavericks (10.9) / 開発元が未確認のため開けません・・・

「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」の項目で、「すべてのアプリケーションを許可」を選択すれば、次回からダウンロードしたデータを開くことができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA