[MV] コンバージョンを拡げるキーワード戦略『縦と横』 居合抜き+15,126円。

コンバージョンを拡げるキーワード戦略『縦と横』 居合抜き+15,126円

Yahoo!プロモーション広告やgoogleアドワーズといったPPC広告。活用しているだろうか?

インターネットでマーケティングを行う上での、最も基本的なマーケティング手法のひとつであり、今もなお着実に実績を出すことができる広告手法である。

最近では、Facebook広告の方がCPA(コンバージョン単価)などが安くできるが、基本はやはり通常のPPC広告で培った技術を応用することになるし、Facebook広告が今後のスタンダードとして、ずっと君臨し続けるかどうかは分からない。

検索エンジンでの検索キーワードによってマッチングされるPPC広告は、明らかにインターネットでのマーケティング手法としてのスタンダード。

これをベースにしながら、今最も人気があり高い効果が高い他媒体での広告(今であればFacebook広告)を組み合わせていくことが重要だ。

最もCVRが高いキーワードは?

PPC広告を出稿する時、最もCVR(成約率)が高いキーワードは、「商品名」そのものだ。

「商品名」そのものを検索してくるユーザーというのは、その「商品」のことを知っているのだから、当然CVR(成約率)は高くなる。

「不動産 マレーシア」というキーワードと、「モレックパイン3」という具体的な建物名のキーワード。

後者のキーワードのほうがCVR(成約率)が高くなるのは当たり前だ。当たり前のことなのだが、この事実は、基本的な事として覚えていて欲しい。

自分の商品でPPC広告を利用する場合はいいが、アフィリエイトの場合だと、商品販売者がPPC広告に規制(商品名での出稿を禁止など)をかけていたりする。

その場合は使えないが・・・出稿できるならば、まず押さえるべきキーワードは「商品名」になるだろう。

もちろんそこから、商品のキモになる部分。顧客が最も求めている部分として、メインキーワードが算出される。

キーワードを拡げる『縦と横』

キーワードを拡げる理由は、2つある。

ひとつは、さらに売上を伸ばしていくこと。

もうひとつは、安定性を向上させることだ。

コンバージョンを上げてくれるキーワードは増えれば増える程、売上は伸びるだろうし、複数のキーワードがあれば、ひとつのキーワードの浮き沈みによる影響を少なくすることが可能だ。

では、どうやってキーワードを拡げていけば良いのか?

この時、根本的な考え方として役に立つのが「縦と横」という考え方である。

◯◯◯◯◯◯◯しているキーワードと◯◯な◯◯◯◯◯市場に広告を出稿するのが、キーワードを「縦に拡げる」ということ。一方、◯◯◯キーワード市場に切り込んで広告を出稿する方法がキーワードを「横に拡げる」とということだ。

(つづく・・・・)

コンバージョンを拡げるキーワード戦略『縦と横』のさらなる詳細は、マーベリックWEBメディア部 プレミア部員限定マル秘!部内資料 vol.004 2015年11月版に記載。

1. スマホサイトに導入するべき●●機能
2. 「フォーム」作成を1本で、すべて解決するプラグイン。
3. コンバージョンを拡げるキーワード戦略『縦と横』

気になる場合は、以下のページからプレミア部員登録を。
http://maverick5.com/nyuubu

追伸1

「居合抜き」の詳細は、地下ソサエティで学べます。

11月度「居合抜き」習得付きゴールド枠は、10名限定のようです。参加に関する条件などは、事務局の伊達さんに確認してみてください。

http://sanadakoumei.com/kitamv/

追伸2

「居合抜き」の結果・・・11月に入ってから20万円以上の利益確定。

地下ソサエティ ゴールドメンバーの実績報告が凄まじいものがあるので・・・比較すると大した金額ではありませんが。。。

さて、12月の融資獲得に向けて、具体的な資料作成に入っています。

来週には日本に帰国し、しばらく、鹿児島県でこそこそと動いているつもりです。

コンバージョンを拡げるキーワード戦略『縦と横』 居合抜き+15,126円。

追伸3

先週は、インドのDeepabari(新年のお祝い)でインド美人宅でパーティを楽しんだり、2018 FIFAワールドカップアジア予選日本VSシンガポール。アウェーで試合をする日本を応援にシンガポール、ナショナルスタジアムに行ったり。

なかなか有意義な一週間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA