日本人として生まれただけで、宝くじに当たったぐらいの幸運!

極東の小さな島。日本。ぼくたちは日本を祖国としてもち、日本国籍を有しています。

ほんとは、これだけでめちゃくちゃプレミアムなこと。よく言われるのが、日本のパスポート最強説!ビザなしで旅行に行ける国数が多いという意味では、日本のパスポートは世界最強になっています。(現在189カ国)

さらに世界中のどこにいっても、日本の先人たちおかげで、ジャパニーズだから!と差別を受けるようなことはほぼなく、むしろ歓迎されるぐらいです!

でも、ほんとはパスポートだけではないんですよね。

『起業する』という点でもプレミアム

日本は諸外国に比べて開業率が低いのは、起業のためのインフラが整っていないからだという説を聞いたことがあります。

でもほんと!?

<銀行の貸出金利>

信用金庫、信用組合なども含めた日本の銀行は創業時の法人にも、ぜんぜん資金を融資してくれます。さらに、しっかりとした計画を練り、信用を高めることができれば、2%代で借入が可能です。

さらに、行政や地方自治体が金利を負担してくれるように制度もあります。場合によっては、全額負担というものありますね!

実質、初めての取引になる創業時だとしても、1.5%から2%強の金利で融資を受けることができます。

アメリカやシンガポールを例にすると、銀行の貸出金利は5%強にものぼります。

起業時にも低金利で借り入れができることは、大きなメリットの一つです。

<補助金や助成金の充実>

例えば、創業補助金では、補助率1/2以内で、最高2,000万円まで補助してくれます。

補助金は返済する必要のないお金。こういうものがたくさんある日本は、開業しやすいといえますね。

さらに借り入れであれば、政府系の金融機関の日本政策金融公庫。比較的、実績のない創業時から借り入れがしやすいですね。

<学歴も不問>

『起業する』ということで言えば、学歴を問われることはありません。銀行も○○大学だから、高卒・中卒だからという理由で、貸し出しをしないことはないはずです。

貸してもらえないとすれば、それは学歴ではなくて、違うポイントに問題があるのだろうと思います。

ぼくたちの母国日本では、自分たちが想像している以上に、チャンス、インフラは超恵まれているんです。

日本国民に生まれたというチャンスを活かすかどうか?

正しい考え方を身につければ、正しい判断で情報を見極めることができ、結果、正しい決断ができるようになります。ぼく自身が目指すところも、そこにあります。

(写真)子供の経験を生活の中で増やすために、よりより住環境へ引越しを検討中。ここは動物もたくさんでなかなか素敵でした。@ジョホールバル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA