弾がなかったら、戦争できんやろ

ファーザー:「弾がなかったら、戦争できんやろ」

単純なこの一言に詰まっている資本主義社会のルール。。。

「お金よりも大事なものはたくさんありますよ!」
「金の亡者になんて、私は嫌だ!」

ぼくだって、お金が人生の全て。だなんて全く思いませんし、もっと大事なことはあると思います。けど、そんな個人の感情は捨てて、現実に基準を置いて向き合ってみると。お金という資本を、持つものと持たざるもでは、人生のありとあらゆる部分での選択肢が全く異なります。

例えば、子供の学校。日本で公立学校に行かせるのか?海外でインターナショナルスクールに行かせるのか?

例えば、食事。毎日マクドナルドや吉野家で済ませるのか?健康食材にこだわった徹底した食材を食べるのか?

例えば、投資。年間100万円の利益を取りたいとしたら年間3%の安定した案件に入れることで達成できるのか?年間20%の高利回りだけどリスクも取っていくのか?

お金をたくさん持っていることと、お金の汚い使い方をすることは、全くの別問題です。

お金というツールがない世界を1から創造して、そこで暮らすのであればいいと思いますが、残念ながら、ぼくにはそんなことできません。

「お金によって人生の選択肢が全く異なってくるというのに、現実から目を背けてばかりでいいのか?」

考えれば考えるほど、修羅中の修羅ファーザーからの訓えは、いつも本質的な部分に行き当たります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA