特別コラム

法人閉鎖コストは意外に高い

このエントリーをはてなブックマークに追加
level008
po_sin_MPCP.jpg
bnr_松山式#1

BVI(British Virgin Islands)は、1493年にコロンブスによって発見されたカリブ海の島で、現在は、イギリスの海外自治領となっています。

主な産業は観光業ですが、1984年に外国からの収益を得るため、International Business orporation(IBC)
の設立を可能としました。

IBCは、BVI内で事業を行うことができませんが、BVI国外での事業については、決算申告や法人税課税が、法人登記後20年間免除されています。

一般的にBVI法人と呼ばれているものは、このIBCになります。

BVI法人の特徴

  • 株主   :最低1名
  • 取締役  :最低1名
  • 取締役居住:不要
  • 秘書役  :不要
  • 年次報告書:不要
  • 税務申告書:不要
  • 会計監査 :不要

香港法人の場合は、

  • 株主   :最低1名
  • 取締役  :最低1名
  • 取締役居住:不要
  • 秘書役  :要
  • 年次報告書:要
  • 税務申告書:要
  • 会計監査 :要

と法人を運営していく上で、手間が少ないことがわかります。

IBCを設立する時は、

  • 払込資本金:1USD
  • 授権資本金:50,000USD

で設立するのが一般的で、手数料は、2,300USD程度が目安となります。

ファンドを組成するなど特殊な利用方法をしない限り、法人税の支払いや会計書類の提出はありませんが、毎年更新が必要となります。

更新手数料としては、

  • 政府ライセンス更新:800USD

授権資本金は、株式発行可能上限額になるので、株式発行額を、50,000USD以上にする場合は、授権資本金を引き上げる必要があります。

授権資本金50,000USD以上にした場合は、政府ライセンス更新費用が高くなり、

  • 政府ライセンス更新:1,600USD

となります。

別途管理をサポート事務所に依頼している場合は、

  • 法人管理役員費:190USD
  • 貸住所(法人書類保管含む):300USD

がかかります。

BVI法人を閉鎖する

閉鎖をする時に選択肢としては2つがあります。

  1. 法人削除:更新手続きをせず自動削除
  2. 法人解散:解散手続きをして解散

両者の違いについては、

1)法人削除

  • 費用:  なし
  • 所要時間:更新日から6ヶ月後
  • 法人回復:法人削除7年以内
  • 責任:  あり
  • 貸主からのクレーム:可能

2)法人解散

  • 費用:  依頼先により異なる
  • 所要時間:決議書提出してから1ヶ月
  • 法人回復:不可能
  • 責任:  なし
  • 貸主からのクレーム:不可能

BVI法人として運営実態がある場合は、2)の解散手続きをとることとなり、法人会計レポート作成および清算人の任命が必要になります。

法人解散手続きと費用

手続き

法人口座閉鎖→資産状況の確認→財務諸表作成・提出→清算人任命→新聞広告(*新聞広告は、BVI法人を運営している国で行う必要あり)

BVI登記所に書類を提出してから、約2ヶ月で精算手続き完了見込み

費用

合計:86,500HKD

内訳

◯85,000HKD
・解散書類作成・提出
・解散証明書の取得
・BVI代理の清算人担当
・書類郵送費用
(新聞広告費除く)

◯1,500HKD
・法人口座閉鎖

オフショア法人を活用する場合は、現地でビジネスをして、雇用を行うのではなく、他国でオフショア法人名義でのビジネス・投資をするケースが多いと思います。

香港やシンガポールなどの金融先進国で法人名義口座を開くことが難しくなっており、閉鎖する時にもコストがかかりますので、BVI法人の設立を考える時に考慮しておかなければならない点となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の向かう先が見えず悶々とした日々から抜け出したくて、転職を決意したぼく。主将宮本。勤務先はなんとマレーシアだった。。。ぼくは愛する妻と生まれたばかりの子供を日本に残し、単身マレーシアへいくことを決断した。

マレーシアに来て、WEBメディアに関わるようになり、日本よりも物価が低い国での暮らしも知り、アジア各国を回って経済を知り・・・投資を知り、騙されたりもして、辿り着いた先。

ぼくは『マーベリックWEBメディア部』を創り活動を始めた。ぼくが知り得るWEBメディア運営の情報を、メルマガという形で部員全員に共有させていただき、部員全員で「好きを仕事に」を目指していくWEB上の部活動だ!

どんなビジネスをするにしろ、これからはWEBメディアの運営が不可欠。期間限定で無料登録公開中。

マーベリックWEBメディア部 部員登録(メルマガ登録)

お名前(姓)*
お名前(名)
メールアドレス*
follow us in feedly

このカテゴリーの関連記事
特別コラム
マレーシア法人の労働許可証『The Work Permit (DP10)』の更新について。

マレーシア法人の労働許可証『The Work Permit (DP10)』

マレーシア法人の労働許可証『The Work Permit (DP10)』の更新について。 現在管理しているマレーシア法人が取

特別コラム
gold

現物投資の入り口

金投資。 親から300万円の運用先について相談を受け、海外投資に魅力を感じながらも海外に投資するすべを持っていなかったため、始

特別コラム
反マネーロンダリング

反マネーロンダリング

香港では、2012年に、「反マネーロンダリング・テロ資金調達条例」が成立し、マネーロンダリングへのチェックが強化されました。2

特別コラム
プエルトリコ

プエルトリコの財政危機

「課税対象年度のうち183日以上滞在すれば、個人の収入や株などの売買益については課税しない」(*2035年12月31日期限)



Leave a Reply

*