《信用保証協会》と《制度融資》

中小企業が民間金融機関からの通常の融資(プロパー融資)よりも、低利で借入しやすいように設けられているのが《制度融資》

《制度融資》は、各地方自治体が金融機関に預託金を提供したり、《信用保証協会》に保証料や金利の一部を提供したりすることで、中小企業が資金調達をしやすい状況を作ってくれる制度になります。

《信用保証協会》ってなんだ?メリットは??

《信用保証協会》とは、中小企業が銀行から資金調達するときに保証人になってくれる公的機関です。

銀行に行って融資を借り入れるとき「保証協会付」といわれるものは、この《信用保証協会》が保証人になっているものをいいます。

では、《信用保証協会》を使うメリットは何なのか?

結論から言うと、単純に融資を借りやすい!と言うことです。

《信用保証協会》が保証人に入っていると、もし借り入れをした中小企業が破産をして焦げ付いてしまった場合、貸し出しをした銀行は《信用保証協会》から貸付金の80%を保証してもらえます。

銀行が保証協会付きで1,000万円の融資を実行した場合、実質的なリスクは200万円。プロパー融資と言われる《信用保証協会》のつかない銀行直出しの融資の場合は、銀行が100%リスクをとるわけです。

どちらが融資実行してくれやすいか?と考えれば、一目瞭然ですよね。

創業時。なんの実績も人脈もない状態では特に、『制度融資』を活用していくことは重要になります。

・・・とはいえ、この点は特に意識しなくても、銀行に融資の話をしに行けば、当然のように『制度融資』へと誘導されるのですがw

《信用保証協会》の審査をくぐり抜ける必要があります。

『制度融資』を利用する時、実際は《信用保証協会》が付く形の融資がほとんどです。この時、《信用保証協会》は80%の保証人になるわけですから、案件に対して審査を行います。

《信用保証協会》に提出する資料は、ぼくたちが提出した資料をもとに、銀行の担当者ががんばって作ってくれます。この点において、ぼくたち中小企業と銀行は仲間になり、共通の敵(信用保証協会)を攻めていく形になります。

ここで大事なことは、\いい意味で、銀行を信じすぎてはいけない\</span>ということ。

銀行の担当者は、もちろん創業したての経営者よりも融資に対しての経験は豊富だと思いますが、その経験も担当者によってまちまち。実力だってまちまちです。新人クンが担当者に付くこともあれば、運よくデキる担当者が付いてくれることもあります。

あくまでも自分が進めている融資案件。銀行に丸投げしてしまうのか?それとも専門家として尊重はしつつも、ちゃんと目を光らせるか?意味合いは全く変わって来ます!

(写真)人類の食べ残しがどれほどゴミとして捨てられ、環境に悪いことをしているのか・・・?という展示に、家族でお出かけ。みんなで楽しみながら、環境について勉強するひととき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA