広島東洋カープ優勝と株価

先週の土曜日。25年ぶりに広島東洋カープがセ・リーグ優勝を果たした。

広島カープといえば、ぼくの地元、宮崎県の都城市に冬季キャンプに毎年来ていて、プロ野球選手の技術を盗みに、よく、親父に連れて行ってもらったなぁ。という思い出がある。

けれども、ファンだから見に行っていたというわけではなく、偵察・・・に近い心情だったため個人的には特に深い思い入れがあるわけではなかった。

ニュースを見ていて、気になるのはもはや・・・

  • リーグ優勝の広島 地元への経済効果は278億円
  • 広島カープ優勝の経済効果は331億円、巨人や阪神には及ばず

といった、経済効果の方。優勝による一時的な経済効果だとしても広島の関連企業は大きな利益を見込める。そして、居合い抜きの剣士としては、当然、広島カープ関連株の株価が気になるのである。。。

関連株上昇・・・でも。

9月10日(土)。広島カープが優勝を決めた日に、早速、日本経済新聞でも記事が。

広島カープ関連株に買い 広島電鉄、11年ぶり高値
ポプラ、年初来高値に
(日本経済新聞より)

広島で、路面電車やスーパー、不動産など広く事業を展開している「広島電鉄(9033)」は2005年9月以降、約11年ぶりの高値をつけた。地元企業が潤い、地元企業への融資が利益に繋がる広島銀行も、7月以降、約30%も株価上昇。

実際の業績よりも、たくさんの投資家の心理が反映されるのが株価。広島カープ優勝への期待が高まるに従って、じわりじわりと株価も上がっていく。

そして期待が最も高まるのが・・・。M(マジック)1。優勝間近なところ。それが9月9日(金)。投資家の期待はピークに達し、関連株の上昇もピークに。10日(土)に優勝を果たすと、株式市場が明けた12日(月)には、利益確定の売りが優勢のようだった。

東証2部の広島電鉄は

  • 9月9日(金):483円
  • 9月12日(月):455円

「やっべー、広島いよいよ優勝じゃん。関連株買っとこ!!」なんて、9日(金)に買ってしまった人は、悲しい週明けになってしまったかもしれない。

株って投資家の心理が現れて面白いなーと思う反面。本当に、みんなの動きとは逆をいかなければ生き残れないなと、改めて感じた。

  • みんなが期待して株価上昇→利確。
  • みんなが嘆いて株価下落→買い。

逆張りは怖いが、勇気・行動・実行力!である。

追伸

久しぶりに日本でマクドナルドに来てみたら、いつのまにか、Free Wifiが入ってますね。googleやfacebookのアカウントを使ってさくっとログインすれば、1時間は無料で利用できるようです。(未検証ですが、1時間後に再接続すれば、 また1時間追加できるらしい)

日頃日本では、wimaxを使っていますが、重いデータをサーバにアップする時もありますし、無料の選択肢が多いのはいいですね!

まぁ、マレーシアは、無料wifiだらけなんですけども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA