Googleアナリティクスでコンバージョン率を計測!『目標』を設定するべし。

googleアナリティクス 目標設定

データ命なぼくたちに取って、Googleアナリティクスは欠かすことの出来ないツール。Googleアナリティクスを使えば、コンバージョン率を計測することも簡単です。

コンバージョン率(CVR)とは、成約率のこと。メール講座のランディングページの場合は、100人のアクセスに対して5人が登録を行ったとすれば、CVR(コンバージョン率)は5%ということですね。

目標の設定が必要!

GoogleアナリティクスでCVR(コンバージョン率)を計測するには、ゴールとなる『目標』を設定する必要があります。

物販であれば、商品の販売。メール講座のページであればメール登録が、ひとつの『目標』になります。

早速、登録方法をみていきましょう。

googleアナリティクス 目標設定

まずはGoogleアナリティクスにログインをして、右上の「アナリティクス設定」をクリック。続いて「目標」をクリックします。

googleアナリティクス 目標設定

『目標を作成』をクリック

googleアナリティクス 目標設定

作成する『目標』に合わせて、テンプレートを選択します。

今回は、メール講座への登録が目標なので、『ユーザー獲得 > アカウント作成』を選択しました。

googleアナリティクス 目標設定

『名前』の欄には、認識しやすい名前を任意で入力します。

『タイプ』は、『目標』のタイプを選択。今回は、「メール講座へ登録した=サンクスページが表示された」ことを目標とします。

googleアナリティクス 目標設定

『目標』の部分に、目標完了とするページのURLをドメイン部分を抜いて入力します。例えば目標完了ページのURLが( http://maverick5.com/lp/thanks.html )だったとしたら、( /lp/thanks.html )を入力します。

もし商品購入を目標とする場合など目標の売上が明確な場合には、『値』をオンにして金額を入力することで、目標完了数だけではなく、金額ベースで確認することができます。

また『目標到達プロセス』にて、例えば(トップページ > メール講座LP > 登録フォーム > サンクスページ )という風に、目標到達までのプロセスを設定しておけば、どこでユーザーが離脱して登録しなかったのか?などを分析することができます。

googleアナリティクス 目標設定

ここまでで『目標』の設定は完了です。レポートメニューの左下『コンバージョン > 目標』の項目にて、成果を確認することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA