キーワード広告虎の巻

CVRを高めるには『差別化』と『最適化』が勝利のカギ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
level004
CVRを高めるには『差別化』と『最適化』が勝利のカギ!
bnr_松山式#1

「消費者なんて、どうせ賢くないから・・・」

一部のマーケターの中で、語られていたこと。

確かに、消費者が情報を獲得する手段が少なかった。もしくは、プッシュ型の情報ばかりが横行していた時代は、ある意味、的を得た発言だったのかもしれません。

プッシュ型の情報といえば、テレビCMや折り込み広告など、20世紀を代表する広告メディアが思い当たります。ですが、いま現在は21世紀も10年以上過ぎ、時代も技術も進み、消費者の消費行動も確実に変化しています。

消費者は想像以上に賢くなっている

インターネットの台頭が消費行動に最も影響を与えていると思いますが、その最たる例は、プル型の情報を消費者が自主的に手に入れ、想像以上に賢くなっているという点にあります。

インターネット上に無数に存在するプル型の情報。消費者が検索をして、検索されることを待ち構えているWEB上の情報たちが無数に存在しています。

しかもスマートフォンやタブレット端末の影響で、消費者はいつでもどこでも、それらの情報にアクセスできてしまうのです。

家電量販店に行って、格安のネットショップをスマホで検索。料金やサポートの比較を行って、購入の判断をする。

価格の比較サイト、口コミサイト、ブログのレビュー。さらに、質問掲示板で実際に質問してみたりした上で、やっと購入に踏み切る。

インターネットを利用して、便利に簡単に情報を手に入れることができるようになったからこそ、消費者の行動は一本道ではないのです。

差別化と最適化が肝!

広告がたまたま目に入る

↓↓↓

すぐに購入する

ぼく自身の行動を考えてみても、上記の様な単純行動ではありません。

欲しい情報を検索する

↓↓↓

レビューサイトなどをまわる

↓↓ ↑↑

広告目に入る

↓↓↓

購入する

インターネットの場合は特に、情報を巡回するステップが含まれていきます。

GoogleアドワーズやYahoo!プロモーション広告などインターネット広告の分野でも様々ノウハウはあります。SEOにしても同様です。

ですが、アクセスを引っ張ってきた後のCVR(コンバージョン率)を高めるという意識も非常に重要になってきます。

提供する商品が、よほどのオンリーワン出ない限り、今の時代は比較検討され、吟味されるのが当たり前。

その中でCVRをあげるためには、どうすればいいのでしょうか?

その答えはズバリ!『差別化』と『最適化』にあります。

競合サイトと『差別化』

『差別化』とは競合サイトと比較した際により強化されたポイントです。

  • 価格で勝負するのか?
  • サービスで勝負するのか?
  • アフターフォローや保証で勝負するのか?

競合を意識し過ぎて自滅するのはダメですが、何の調査せず、戦略なしで戦いに挑むのはちょっと舐めすぎ?・・・だと思います。

『最適化』を怠らなければ勝利は目の前!

『最適化』は、インターネットでの広告を含む検索から自主的にやってくるユーザーに対するコンテンツの最適化です。

検索ってどういう時に行いますか?何かが知りたい時ではないですか?

「Googleさんに聞いてみる」

・・・という言葉があるように、消費者は、何かが知りたくて検索をしています。検索ワードは、消費者の質問にあたるわけです。

つまり商品を販売する際には、検索ワードという質問にズバリ答えるコンテンツの提供が必要なです。

これが、『最適化』を行う!ということになります。

特にGoogleアドワーズや、Yahoo!プロモーション広告と言ったリスティング広告の場合、キーワードと広告文(質問)、そして誘導するページ(答え)を両方こちらで指定できます。

この2つが、ちゃんとマッチしているように、丁寧にコンテンツを作成していくことが重要なのです。

特に『最適化』に関しては、日々の運用が必要になってきますし、手間もかかってきたりする部分・・・。ついつい、後回しにして放置してしまったりします。

ですが、競合を出し抜くには、こういった地道で細かい仕事が、やっぱり大きく影響してきますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の向かう先が見えず悶々とした日々から抜け出したくて、転職を決意したぼく。主将宮本。勤務先はなんとマレーシアだった。。。ぼくは愛する妻と生まれたばかりの子供を日本に残し、単身マレーシアへいくことを決断した。

マレーシアに来て、WEBメディアに関わるようになり、日本よりも物価が低い国での暮らしも知り、アジア各国を回って経済を知り・・・投資を知り、騙されたりもして、辿り着いた先。

ぼくは『マーベリックWEBメディア部』を創り活動を始めた。ぼくが知り得るWEBメディア運営の情報を、メルマガという形で部員全員に共有させていただき、部員全員で「好きを仕事に」を目指していくWEB上の部活動だ!

どんなビジネスをするにしろ、これからはWEBメディアの運営が不可欠。期間限定で無料登録公開中。

マーベリックWEBメディア部 部員登録(メルマガ登録)

お名前(姓)*
お名前(名)
メールアドレス*
follow us in feedly

このカテゴリーの関連記事
キーワード広告虎の巻
adwords(アドワーズ)出稿用ランディングページ製作の注意点

adwords(アドワーズ)に関する大きな勘違い!

google adwords(アドワーズ)使っていますか? リスティング広告は、マーケティング活動の中のひとつの販売チャネル。



Leave a Reply

*