大富豪になる秘訣は「物販」にあった

ファーザー:「孔明、お前のやっているI.T.ビジネスは、確かに効率はよさそうだけど、それでは駄目なんだ。絶対に上には登れない。」

軍師・孔明さんがおっしゃるには、実体経済ベースで、形の残らない情報やサービス主体のビジネスでは駄目だと。真田孔明さんに教えをうけた生き残るための禁断の戦略術は、実体経済の中で誰からも認識されるビジネス。たとえば「物販」でなければ、使うことができないという。

●●● もう一つの楔

 
中小企業の経常利益率の平均が3.5%。そこから税金(実効税率40%と仮定)を引くと売上高当期純利益率は、約2%になります。売上高当期純利益率=2%という意味は、売上に対して2%が純利益として残っているということ。だから会社に1億円を残すためには、50億円の売上が必要ということになります。

年商が1億円だとしても50年。。。
 
大富豪へ!道が繋がっているようにはとても見えません。
 
だけどファーザーは、笑いながらこうおっしゃいます。

ファーザー:「世の中で、どこに一番お金があると思う?」

一番お金があるところ・・・。そもそもお金を発行しているところ・・・。そう、銀行です。ファーザーは、「銀行」との特別な関係にこだわっていたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA