なぜ「銀行」との特別な関係にこだわるのか?

なぜファーザーが。さらには他の修羅たちが、「銀行」との特別な関係にこだわるのか?

一言で表現すれば、「弾」を獲得するためです。

資本主義のルールでは、シンプルにお金が力になります。お金をたくさん持っていることは、それだけで、圧倒的な力を意味しています。

銀行から獲得した「弾」をどんな武器に込めて戦うのか?は別の話になりますが、ともあれ、「弾」が大量にあるだけで戦い方が全然違ってくる。逆に言えば、「弾」がなければ、どんなに最強の武器を手に入れても、戦いにならないわけです。

普通の人のセオリーでは、市場に流れた「弾」をいろんな方法で奪い合う形になっています。

今、目の前のテーブルが、一つの世界で、その上にたくさんの小人が生活しているのを想像してみてください。そのテーブルに、ジャラジャラと「弾」を投入します。

頭のいい小人も、要領の悪い小人もいろんな動きをしながら、みんな「弾」を手に入れようと生活していきます。

かわいい小人たち(^O^)/

だけど1人・・・セカイに「弾」を流しているぼくのことを、じっと真剣な顔をしてみつめてくる小人が。

ミスタM:「大元のぼくに照準を合わせてくるとは、こいつわかってるな!」

そう思うのは当然のことですよね。

なぜファーザーが。さらには他の修羅たちが、「銀行」との特別な関係にこだわるのか?ようやく、ぼくにもはっきりと理解することができるようになってきました。

(写真)子供に見本を見せるべく、ビビりながらも頑張っているオヤジ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA