BackWPupでWordPressのバックアップを取ろう!

ブログの記事は、ひとつひとつが資産!バックアップの重要性は言うまでもありません。今日は、Wordpress(ワードプレス)サイトの、バックアップを行う方法についてです。

後で泣きを見ないように、面倒臭がらずに、しっかりと対応しておきましょう。

まずは基本的なこと。

別にぼくたち『マーベリックWEBメディア部』の部員は、WEBデザイナーやプログラマーになろう!ということが目的ではなく、あくまでも『WEBメディア』を使って十分な稼ぎを得ることが目的。

難しいことを覚える必要はありませんが、Wordpress(ワードプレス)サイトのバックアップを取るにあたって、何をバックアップすればいいのか?ということだけは知っておいてください。

それは以下の2つです。

  • WordPress(ワードプレス)関連ファイル:WordPress本体・プラグインファイル・テーマファイル・アップロードした画像など

  • データベース:記事やページの本文・プラグインのデータ

実は、Wordpress(ワードプレス)をインストールしているサーバにアップロードされているファイルを手動でバックアップしても、もうひとつのデータベースはバックアップされません。

せっかく頑張ってアウトプットしたコンテンツと、外注さんなどを使って作り上げたサイト情報の両方をバックアップするには、『Wordpress(ワードプレス)関連ファイル』『データベース』の両方をバックアップする必要があるんですね。

BackWPupを使って、自動化しよう。

バックアップは非常に重要ですが、本来の目的からすれば、ここに自分の貴重な時間を割いてしまうのは本末転倒です。

ここはバックアップを自動化できるBackWPupというプラグインを導入!機械に任せられるところは潔くやってもらいましょう。

ところで『BackWPup』の素晴らしい所と言えば・・・。

  • 「WordPress関連ファイル」と「データベース」の両方をまとめてバックアップできること
  • 丸ごとバックアップの設定が簡単なこと
  • 定期バックアップができること
  • バックアップ先が豊富なこと(FTP、Dropbox、SugarSync、Amazon S3、Microsoft Azure、RackSpaceCloud…)
  • データベースの最適化機能もあること
  • データベースのリストア作業がブラウザからできること

などがあります。こんな、決定版的なプラグインですので、難しいことを考えずに『BackWPup』使いなさい!と、部員のみんなには伝えておきます。

『BackWPup』のインストール方法

通常のプラグインインストールの方法と同様にできます。

  1. WordPress(ワードプレス)の管理画面にログイン
  2. プラグイン>新規作成をクリック
  3. プラグイン検索欄にて、BackWPupを検索
  4. 『いますぐインストール』をクリック
  5. 『プラグインを有効化』をクリック
BackWPup01

管理画面左側に『BackWPup』が追加され、各種設定を行えるようになればインストールは完了です。

BackWPupのGeneral(一般設定)タブでの設定

BackWPup02

まず左ナビゲーションの『BackWPup』より、『Add New Job』をクリックしてください。設定項目がたくさんありますが、ひとつひとつ確認していきましょう。

まずは一般設定(General)タブでの設定です。

<Please name this job>

ここには判別しやすい名前を入力します。ぼくの場合は、maverick backup としました。

<Job Tasks>

バックアップする項目を指定します。

  1. Database backup : データベースのバックアップを取る
  2. File backup : ファイルのバックアップを取る
  3. WordPress XML export : WordPressのデータをXMLとして出力
  4. Installed plugin list : インストール済みのプラグインリストを出力
  5. Optimize database tables : データベースを最適化する
  6. Check database tables : データベースをチェックする

『Database backup』と『File backup』は必須!必ずチェックを入れてください。加えてぼくは、『Installed plugin list』と『Optimize database tables』にもチェックをしています。

『WP-DBManager』などのプラグインを使用していない場合には、『Optimize database tables』にもチェックしていいと思います。

<Backup File Creation>

バックアップファイルの形式について設定します。

  1. Active name : バックアップするファイル名を指定
  2. Archive Format : 圧縮の形式を指定

『Active name』は『サイト名backup%Y-%m-%d』。『Archive Format』はデフォルトのTar GZipでOKです。

<Job Destination>

バックアップ先を指定します。

  1. Backup to Folder : WordPressをインストールしているサーバ上のフォルダにバックアップする
  2. Backup sent by e-mail : バックアップをメールで送信する
  3. Backup to FTP : FTPで任意のサーバにバックアップをする
  4. Backup to Dropbox : Dropboxにバックアップする
  5. Backup to S3 Service : Amazon S3にバックアップする
  6. Backup to SugarSync : SugarSyncにバックアップする

これは自分の好きなバックアップ先を選んでください。個人的には万が一の時=サーバに障害があった時の可能性もあるので、Dropboxをバックアップにしています。

そうすることで、サーバ、Dropbox上、自分のMac、Macのバックアップをしている外部ストレージの計4つのデータ保存ができることになります。

<Log Files>

バックアップログ(記録)をメールで送信する設定を行います。

  1. Send log to e-mail address : ログ(記録)を送信するメールアドレスを入力
  2. E-mail FROM field : メールの差出人を指定
  3. Errors only : エラーが出た時だけメール送信する場合にチェックを入れる

BackWPupのSchedule(スケジュール)タブでの設定

BackWPup03

<Start job>

バックアップを開始する方法を設定します。

自動化させたいので、ここは『with WordPress cron』を選択しましょう。

<Scheduler>

バックアップを開始するスケジュールを指定します。

つべこべ言わずに毎日しましょう。バックアップ!!ぼくは、『daily(毎日)』で朝の3時にバックアップを取るように設定しています。

BackWPupのDB Backup(データベースバックアップ)タブでの設定

BackWPup04

『Tables to dump』にて、全てチェックを入れてください。データベースの情報は残さずバックアップを取ります。その他の項目はデフォルトのままで大丈夫です。

BackWPupのFiles(Wordpress関連ファイル)タブでの設定

BackWPup05

ここではバックアップをするWordpress関連ファイルを指定します。

基本的にはすべてチェックでOK。『Exclude』というのは、除外する意味なのでチェックをすると、バックアップされなくなります。間違えないようにしましょう。

BackWPupのPlugins(プラグイン)タブの設定

BackWPup06

<Plugin list file name>の箇所で、バックアップファイルの名前を指定します。ぼくは『pluginlist-%Y-%m-%d』.txt と入力しました。%Y-%m-%dと入力すれば日付が入ります。

BackWPupのDB Optimeze(データベースの最適化)タブの設定

BackWPup07

ここはデフォルトのままで大丈夫!

BackWPupのDropboxタブ設定

BackWPup08

まず『Authenticate (full Dropbox)』をクリックます。



BackWPup09

Dropboxにログインしていない場合は、ログイン画面が開きます。登録メールアドレスとパスワードを入れて、ログインしてください。



BackWPup10

もちろん『許可』をクリック。



BackWPup11

緑色で『Authenticated!』と表示されれば、Dropboxとの連携は成功です。

Folder in Dropbox : ドロップボックスの中でバックアップファイルを保存するフォルダを指定します。ぼくは、backupフォルダの中の、WP_backupというフォルダを指定しました。ここは任意で指定して下さい。

File Deletion : バックアップの履歴をいくつ残しておくか?その数を指定します。1つで十分のような気がしますけど、ビビリなので3つにしました(´・ω・`)

検証を兼ねて一度実行しよう!

BackWPup12

WordPress(ワードプレス)管理画面の左ナビゲーション『BackWPup』のJobsを選択すると、先ほど作ったバックアップジョブを確認できます。

『Run now』をクリックして一度バックアップを実行しておきましょう。



BackWPup14

実行中。実行中。実行中。。。エラーもなく終了すればOKです。あとはプログラムが指定した日時に勝手にバックアップを取ってくれるはずです。

追伸

BackWPup15

思いっきりエラーが出てしまいました。4つのエラーの内、3つは『No MySQLi extension found』。サーバ側のデータベースの問題のようです。これは別途サーバ側に確認をして対応します。

『No destination correctly defined for backup!』というエラーが出ていますが、これはDropboxの中でバックアップ先のフォルダがちゃんとしてされてないよ!ということ。

よく見たら、先ほど設定した保存先の設定がきちんと保存できていませんでした。上記の設定を数回試してみて、やっときちんと保存できました・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA