正しいWEBメディア運営

転送量が多くて悩んでいるのでAmazonS3 に移行!Transmit でアクセスできるようにしてみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
level001
amazons3-transmit
bnr_松山式#1

最近の悩み・・・それは転送量。

転送量っていうのは、レンタルサーバのプランによっておよそ決められていて、それをあまりにも超過していくと、アクセス制限がかけれられてしまう。

ブログにアクセスすると、ページの画像やテキストなどを読み込んで表示するわけだが、これ全部サーバから読者が受信しているということ。これらのデータ転送量ってのが、レンタルサーバのプランによって決められているわけ。

ぼくが運営・管理しているWEBメディアの、サイトだけならまだいい。けど、ぼくらって様々なサービスを展開していて、あるときは音声を配布したり、またある時は動画を配布したり。。。

例えば、100MBの音声を配布したとして、1日に200人がダウンロードしてくれたとすると、それだけで転送量20GB(ドーン)。部員のみんなが、わーーーいって喜んでコンテンツをダウンロードしてくれるのは、うれしいことなのだが、転送量が・・・orz。

  • 主将すいません!音声がダウンロードできないんですけど・・・。
  • サイトが閲覧出来ません。。。
  • 画像が表示されないです。。。

・・・という感じで、ひとつだけではなく、複数のWEBメディア。複数のビジネスを運営・管理していく中で、全体として転送量問題が、どんどん大きくなってきてしまったのだ。

Googleドライブに移行してみた。

「あっ!レンタルサーバから直接ダウンロードさせなければいいじゃん!」

そう思いついたぼくは、Googleドライブの有料プランに申込、音声や動画など一気に転送量を食べてしまうものを、せっせとGoogleドライブに移行した。

Googleだったら大丈夫っしょ。転送量の話とか聞いたことないし・・・とろくに調べもセずに、突き進んだあげく。

ダウンロード制限!!!

またもや、ダウンロードが出来ないというメールが舞い込んでしまうようになり、改めて調べてみたら、転送量の要領は公開されていないものの、Googleも転送量が多いものは制限をかけるというではないかっ!(ガーン)

Googleドライブからダウンロードしてもらうようにして、数ヶ月。もろくもぼくの野望は崩れ去ってしまった。

Amazon S3の設定!データもアップしてみる。

ずっと気にはなっていたクラウド・ストレージ「Amazon S3」。転送量が大きいと、少しだけ利用料が気になってくるけれども、「ダウンロード出来ない」なんていうことがビジネス全体の信頼性を落とすことを考えれば、安いコスト。

サーバの堅牢性にしても定評があるし、思い切って緩やかに移行していくことにした!

  Amazon AWS からアカウントを作成すると。

Amazon S3

なんか、英語ばっかの難しそうな感じの画面でてきた・・・。けど、気にせず「S3」をクリック。

amazon S3

amazons3

左上の「Create Bucket」をクリック。バケットというのは、なんというか・・・一番上の階層のフォルダみたいな感じだ。ぼくの場合は、とりあえずサイト名単位でバケットを作成することにした。で、その下にフォルダを作成して整理していく感じ。リージョンは東京で。

amazons3

ログファイルを取るか?という設定。とりあえずナシで、そのまま「Create」をクリック!

amazons3

バケット完成!超簡単。さっそくクリックしてみる。

amazons3

左上の「Upload」をクリックして、アップロードしたいデータを選択すると、すぐにアップロードされる。はい。簡単!フォルダが作りたい場合には、すぐ横の「Create Folder」で作成できる。

amazons3

【注意】パーミッション設定しないと、自分以外ファイルにアクセスできない。。。

データをアップロードしただけだと、管理人である自分以外、データにアクセスすることは出来ない。つまり、データを配布しようと思っても、誰もダウンロード出来ないわけだ。

データの配布がしたいのであれば、誰でもアクセスできるように(リンクを知っている人だけ)設定しよう。

amazon s3

  1. 左側のリストから対象のデータを選択
  2. 「Properties」をクリック
  3. 「Add more permissions」をクリック
  4. 「Everyone」を選択
  5. 「Open/Download」にチェック
  6. 最後に、「Save」

そうすると・・・

amazon s3

Link の箇所にアクセスするためのURLが。このURLを読者にお届けすれば、みんなダウンロードなど問題なくできるはず。ただ、URLが長いので短縮URLツールなどで、自分のドメインに短縮して配布するのがいい。(ちなみにぼくは、「Linkshaker」って短縮URLツールを使っている)

Transmit で AmazonS3にアクセスできるようにする!

Amazon S3にデータをアップロードするのに、ウェブブラウザから行うのももちろんOKなのだが、ぼくはMacのFTPクライアント「Transmit」というソフトを愛用しているので、そこからアクセスできるようにしたい。

  http://panic.com/jp/transmit/

transmit amazon s3

上部の「S3」のタブをクリックすると、TransmitからS3にアクセスするための情報をいれろと言われる。

  • アクセスキーID
  • シークレット

この2つの情報があればいいわけだな。ふむふむ。

transmit amazon s3

Amazon S3に行って、右上の自分の名前をクリック。その後に、「Security Credentials」をクリック。

transmit amazon s3

「セキュリティ関係の情報にアクセスするけど、あんたほんとに大丈夫?」的な。。。。「イエス!オフコース!」なので、「Get Started with IAM Users」をクリック。

transmit amazon s3

「Create New Users」をクリック。ユーザーの名前を入れて先に進む。

transmit amazon s3

あっ!でてきたー。アクセスキーIDとシークレットアクセスキー。これをそれぞれコピーして、Transmitにペーストすると・・・

transmit amazon s3

えーーー。。。アクセスできないんかぃ。

なんでじゃ・・・とおもい、S3をいじっていると、原因は、ユーザーの権限だった。。

transmit amazon s3

再度、「Security Credentials」のページに戻ると、いま作ったユーザが表示されているはずだ。ユーザーの名前をくりっくしてみよう。

transmit amazon s3

お前か!犯人は。。。「Permissions」の項目にある「Attach User Policy」をクリック。

transmit amazon s3

自分のやつなんで、「Administrator Access(管理者権限)」を選択。

transmit amazon s3

いや。よくわからないけど、これは「Apply Policy」をクリックしてそのまま進むと、設定完了ーー!

これで、先ほどの情報でもTransmitでAmazon S3にアクセスできるようになった!良かったー。

Amazon S3・・・これからは、家族や仕事の大事なデータストレージとしても活用していこうかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の向かう先が見えず悶々とした日々から抜け出したくて、転職を決意したぼく。主将宮本。勤務先はなんとマレーシアだった。。。ぼくは愛する妻と生まれたばかりの子供を日本に残し、単身マレーシアへいくことを決断した。

マレーシアに来て、WEBメディアに関わるようになり、日本よりも物価が低い国での暮らしも知り、アジア各国を回って経済を知り・・・投資を知り、騙されたりもして、辿り着いた先。

ぼくは『マーベリックWEBメディア部』を創り活動を始めた。ぼくが知り得るWEBメディア運営の情報を、メルマガという形で部員全員に共有させていただき、部員全員で「好きを仕事に」を目指していくWEB上の部活動だ!

どんなビジネスをするにしろ、これからはWEBメディアの運営が不可欠。期間限定で無料登録公開中。

マーベリックWEBメディア部 部員登録(メルマガ登録)

お名前(姓)*
お名前(名)
メールアドレス*
follow us in feedly

このカテゴリーの関連記事
正しいWEBメディア運営
ツールに埋もれないために

ツールやサービスに埋もれないために

「WEBメディア運営」を続けていくにつれて「記事を書く」以外にやることが次第に増えていきます。 中には本当はやらなくてもいいこ

正しいWEBメディア運営
Todoist

神ツールTodoist!これでタスクは10倍早く処理できる!

いかに自分は仕事をせずに、仕事をするか? 怠け者なぼくにとっての永遠のテーマ。。。 仕事したくないのに、仕事したい? 怠け者な

正しいWEBメディア運営
Mindnode vs Scapple

MindNode(マインドノード) VS Scapple(スキャプル)!軍配はどっちだ?

考えをまとめるってことは、毎日生きていく上で必ず必要な能力ですよね。 新しいビジネスを考えている時。 新しいWEBサイトのアイ

正しいWEBメディア運営
iPad mini Retinaモデル

新型「iPad mini(Retinaモデル)」初代と比較してどっちが買い?スペック徹底比較

新型「iPad mini」が発表されましたね。これまで、初代iPadで粘ってきましたが、新型「iPad mini」は買いたいと



Leave a Reply

*