adwords(アドワーズ)に関する大きな勘違い!

adwords(アドワーズ)出稿用ランディングページ製作の注意点

google adwords(アドワーズ)使っていますか?

リスティング広告は、マーケティング活動の中のひとつの販売チャネル。販売チャネルは他にも、メルマガとかFacebook広告とかいろいろありますよね。

でもgoogle adwords(アドワーズ)。市場の成長性や効果から考得ると、これは極めて行くべき販売チャネルだと、ぼくは思います。

大きな勘違い:縦長ランディングページは承認されない?

さて、adwords(アドワーズ)で広告を出稿しても、広告が承認されない・・・という話を聞きます。縦長のランディングページは広告に通りにくい!とか・・・よく聞きますよね。

その情報、ホントですか?丁寧に作れば、ちゃんと審査には通ります。通らないのは、ちょっとやんちゃなことをしているからです(笑)

むしろ、ここだけの話・・・縦長ランディングページの方がCVR(コンバージョン率)は高い傾向にあります。

すいません。この言い方は少し誤解を生むかもしれませんね。PPC(リスティング広告)に最適化されたページの方がCVR(コンバージョン率)が高まります!

例えば、WordPress(ワードプレス)を使って販売サイトを作ったとします。このトップページをadwords(アドワーズ)のリンク先に指定すればいいのか?必ずしもそうとは言えません。おそらく、ほとんどの場合そうではないと思います。

細かく丁寧な作業をやったものが勝つ!

PPC(リスティング広告)での販売活動は、メルマガでの販売と少し毛色が違います。

メルマガの場合、キャラクター設定や世界観の設定に始まり、反応を取って販売に結びつけて行くには正直レベルが高い。クリエイティブな要素が強いんです。

PPC(リスティング広告)の場合、クリエイティブな要素ももちろんありますが、運用に関して言えば事務的な処理能力の方が求められます。属性が違うんですよね。

  • 広告文に合わせたランディングページを機械的に修正していく能力
  • 広告テキストなど、A/Bテストを行い、地道に修正していく能力
  • ランディングページもA/Bテストを行い、修正を加えていく能力
  • 地道なデータ集め、分析、修正・・・地味で単調な作業に耐えうる精神力

細かく、細かく、丁寧に!

先ほどのトップページよりもPPC専用のランディングを作成した方がいいという話も当たり前の話です。

メインのサイトには、メインのサイトの役割が。PPC(リスティング広告)からアクセスしてきたユーザーには、専用のページを。細かく、細かく、丁寧に!

新しいものが大好き!流行に敏感でクリエイティブ面では強いけど、どこか飽きっぽくて単調な作業が大嫌い。・・・という場合には、なかなか辛い作業になってきますね。(でもそんな場合には、自分でもしっかり理解した上で、外注スタッフを育てたりしながら、属性の合う人にまかせるようにしましょう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA