日本政策金融公庫について研究してみる

ミスタM:「日本政策金融公庫??なにそれ。」

恥ずかしながら、かつてのぼくは、『日本政策金融公庫』なんて聞いたこともありませんでした。それもそのはず『日本政策金融公庫』は預金業務がありませんので、一般の生活においては馴染みがないんですよね。

『日本政策金融公庫』は、100%政府出資の金融機関。国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、国際協力銀行(国際金融等業務)が統合して発足した歴史を持っています。

100%政府出資ということで、国の政策の影響を大きく受ける金融機関になります。国は、ぼくたちのような零細企業や創業者も含めて、経済全体を活性化させていきたい・・・つまり、『日本政策金融公庫』は、まだ実績の少ない経営者に対しても、融資してくれやすいという特徴があります。

中小企業のために作られたと言ってもいい銀行ですね♪これは積極的に、利用していきたいところです。

融資の審査は厳しめだったりする。

ぼくのところに集まっている情報をもとにすると、『日本政策金融公庫』の融資審査の厳しさは、担当者や時期によってかなり違ってくる印象があります。

『日本政策金融公庫』は全国に支店がありますが、各地域で・・・というわけではなく、全体として融資額が上がる時期、下がる時期など。調整が入っていると思います。

いくら中小企業に優しいと言っても、融資審査は、きっちりとしています。過去の実績や事業性など、しっかりと審査されます。厳しいと言っても、別に牢獄で取り調べを受けるわけでも、怒鳴られるわけでもないので、全然大丈夫なんですけど。

事業についての理解。これからのプランなど、数字に基づいてしっかりと話ができれば問題ないです。

一部では、日本政策金融公庫で借りると信用がつくという話もあるようですね。

『日本政策金融公庫』の金利はやすい

ぼく自身、一番最初に受けた創業融資は、地方銀行で2.75%。日本政策金融公庫で1.7%でした。地方銀行の場合は、さらに信用保証協会がついていますので、金利とは別に保証料も支払っています。

地方銀行2.75%ってのは、ちょっと一般よりも高いと思いますが、それでも日本政策金融公庫の金利は安いですよね。

ここからさらに、若者・シニア・女性起業家など申込者の属性によって、金利が優遇されるような制度もあります。

無担保、無保証!?さらに返済据え置き!!

さらに言えば、無担保、無保証での融資を、創業時から実行してくれやすいです!

『日本政策金融公庫』の融資制度

いろんな融資制度がありますが、短期ではなく長期での融資になります。短期の運転資金は取り扱いしておりません!と記載があるぐらいですからね。長期で借り入れられるということは、月々の元本返済額が小さくなり、資金繰りは安定します。それだけではなく、融資実行から1年とか半年とか、返済を据え置きしてくれたりもします。

まさに至れり尽くせり!お取引を開始して、損はしない金融機関ですね!!!

(写真)マレーシアのAEONモール。平日の21:30で閉店30分前なのに人がたくさん。マレーシアでは活動時間がみんな夜遅いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA