15の心得 その7 -読者からのメールやコメントは全て自ら目を通して返事をしよう!-

LTVM(ライフタイムバリューマーケティング)の手法に則って、自らが目指す「ライフスタイル」に基づき「ライフスタイル」を実現するための記事を書いていく。

一人。二人。三人・・・。定期的に、そして継続的に読者にとって価値のある情報を提供しているうちに、あなたの「ライフスタイル」に共感をしてくれる「仲間」が必ず現れます。

はじめの内、「WEBメディア媒体」の構築はとても孤独なものに感じるかもしれません。誰か、自分の記事を見てくれているのか?自分の声は、誰かに届いているのか?誰もいない暗闇に向かって、ただただ声を発しているかのように感じてしまうかもしれません。

でも考えてみてください。あなたの「WEBメディア媒体」の一日のUU(ユニークユーザー)が10人だったとします。たった10人・・・そう感じるかもしれませんが、「現実世界」で毎日、自分の本当の声を10人に伝えることができるでしょうか?そしてその10人から信頼され、評価を獲得し、あなたの本当の「仲間」になって行動を共にしてくれるのならば、そこからあなたの逆襲が始まるのです。

ここから先は 正部員 限定です。

プレミア部員登録に関しては、
こちらをクリックして確認して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA