頭を使って、脳に汗をかいて・・・商品を作ろう!絶対誰かの役に立てるはず。

changi-airport

シンガポールのチャンギ空港に、家族を迎えに来ています。

ただ迎えに来ていて、またすぐにマレーシアに戻るのにも関わらず、わざわざでっかい荷物を持ってきました。

Strider

デデーン!ストライダー!!

つい先日、誕生日を迎えた息子へのプレゼント!ペダルなしの自転車です。マレーシアの自宅で渡すよりも、1ヶ月ぶりに再会する空港で喜ばせたい!ただそれだけのために、空港まで持ってきたのでした。

##何を隠そう、これは商品の提供なのであります。

商品っていうのは、モノ、情報、サービスという3種類がありますよね。

家族に対して、わざわざ商品提供?なんて普段は思いませんが、プレゼントも立派な商品提供です。

この場合に、ぼくが商品の対価として貰うのは、お金ではなく息子の屈託のない笑顔と、嫁からのぼくへの賛辞(もらえるのかな・・・?)なわけです。

何かをもらおうと思ったら、何かを与えないといけないっていうのは、世の中の常識。『WEBメディア』の場合でも、これは同じです。

ですが!!『WEBメディア』の場合に陥りがちな罠があります。

それは・・・商品作成や商品提供を後回しにしてしまうってこと。

『WEBメディア』自体には一切、商品の仕込みがなく、かつ裏側でも全く商品がない状態・・・つまり自分が関わり、販売できる商品が一切ない状態では、収益が上がるわけがないですよね。

自分がやりたいことってなんだろう・・・?そんな『自分探しメディア』なのであれば、問題ないと思います。目的が違いますから。でも、対象を絞った形で、しかも『WEBメディア』で収益を得ることを目指しているのであれば、一刻も早く商品を作るべきだし、商品を『WEBメディア』の中に仕込むべきです。

ひとつのページビュー毎に、チャンスをどんどん逃している事になります。

##さぁ!考えましょう!頭をフルに使って!!!

あなたが持っている情報やスキルを活かして提供できる商品(モノ、情報、サービス)は何ですか?

「こんなんじゃ売れないだろうな・・・」

これは禁句(タブー)です。だって分からないじゃないですか!やってみないと。今がゼロの状態であれば、どのみち捨てるものはないんです。

あなたが簡単にできてしまうことでも、他人にとっては簡単ではなかったり、すごくめんどくさかったりすることが、たくさんあるんです。みんなの能力が一定ではなく、必ず得手不得手があるからこそ、ビジネスの一歩が成り立つんです。

難しかったら一緒に考えてみましょう!プレミア部員のみなさんは、Facebookの部室でもいいし、ルームホークアイでオンラインミーティングでもいいです。

とにかく商品化!!これを進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA