正しいWEBメディア運営

販売方法の選択だけで約5%の利益を上乗せする方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
level001
情報発信者のための仕組み!
bnr_松山式#1

ヤフオクとかAmazonとかインフォトップのようなASPとか、そういう整えられたインフラを利用するのではなく、インターネットを利用して自分の商品を販売したことってありますか?

アフィリエイトではなく、自分の商品を!です。

アフィリエイトであれば、販売する仕組みを整えることは簡単にできますよね。A8のようなASPからアフィリエイトリンクを手に入れて、ブログなどに設置するだけで仕組み自体は整ってしまいます。(売れるかどうかは別の問題ですが・・・)

けれども、自分の商品を販売するということになると、それはまた別の話なんです。今日は特に情報という商品を販売する時について考えてみたいと思います。

大きく分けて選択肢は2つです。

情報という商品をインターネットを利用して販売する場合、方法としては大きく分けてふたつあります。それは以下の2つです。

  1. 他人の商品販売システムを利用して販売する
  2. 自分の媒体で決済の仕組みを作って販売する

一般的に広く利用されている方法は、『他人の商品販売システムを利用して販売する』方法だと思います。

具体的には、ASPを利用して販売を行う方法ですね。例えばASPの代表格インフォトップを使って商品を販売するというような方法です。

インフォトップは、情報という商品を販売するための仕組みが整っていますので、販売者としてのアカウントを作成し、商品を登録すればすぐにでも販売を始める事ができます。

購入者がお金を支払って購入した後、どうやって商品を引き渡せばいいのか?といった仕組みが、インフォトップのようなASPを利用すれば簡単にできてしまうのです。

ただし、ぼくの場合は現在、自分の商品の販売においてほとんどASPを利用していません。『自分の媒体で決済の仕組みを作って販売する』方法をとっているのです。

商品を購入してくれるお客様にとってみれば、商品提供者がASPを使っていようが、自分の仕組みで販売をしていようが関係のないこと。逆に言えば、別に大手のASPを使っているから信頼性が上がり、より商品の売上に貢献するというようなことはなく・・・。自分で仕組みを作って販売していたとしても、きちんと資金の受け渡し、商品の受け渡しが仕組み化できていれば問題はないわけです。

あなた:「えー、でも自分で仕組みを作るのってめんどくさそうだし、ASPを使ったほうが楽でいいんじゃないですか?」

はい。もちろんそういった考え方もあるかと思いますが、ぼくが自分で仕組みを作って商品の販売を行う理由は、ガチに利益に直結してしまうからです!!

自分で仕組みを作って商品販売を行う理由!ズバリ手数料が全然違う!

ASPを利用するのではなく、自分で商品を販売できる仕組みを作る理由。それはズバリ手数料の違いです。手数料というのは、商品の決済時に決済サービス側に支払う手数料のことですね。

自分で商品販売の仕組みを作る時、ほとんどの場合はPayPalを利用します。PalPalは現在では利用者も多いですし、仮に購入者がPayPalアカウントを持っていなくても、クレジットカードの利用ができるようにしてくれるという大きなメリットがあります。

つまり、自分で商品を販売する(決済にはPayPalを利用する)場合は、PayPalに決済手数料を。インフォトップを利用する場合は、インフォトップに決済手数料を支払う形になります。

PayPalとインフォトップの決済手数料の違い

あなただけのスペシャルなノウハウをまとめて、500ページのPDFを商品としてまとめ、これを19,800円で販売する場合。PayPalとインフォトップを使った場合に、どれほどの違いが出てくるのか??

代表的な例として、PayPalの場合は日本国内で販売する場合(日本おPaypalアカウントを使って、日本の人に向かって販売をする場合)。インフォトップの場合はクレジットカードを利用した場合の手数料を比較してみます。

  • PayPalの決済手数料: 3.9%+40円(国内)
  • インフォトップの決済手数料: 税込み販売額の8.8% + トランザクション手数料100円(クレジットカード決済の場合)

19,800円の商品を販売する場合の手数料は

  • PayPalの手数料: 19,800円×3.9%+40円=812円
  • インフォトップの手数料: 19,800円×8.8%+100=1,842円

実に1,030円も違うのです・・・。仮に100個販売成功したとしたら、10万3,000円。1,000個販売成功したとしたら、103万円も違いが出てきてしまうんですね。

これってすごく大きいと思うのは、ぼくだけでしょうか?

どういう仕組みで販売をするのか?この1つの決断だけで、大きく利益が変わってきてしまいます。最善の仕組みを創りあげていきたいですね!

  • じゃあ、どうやって自分で販売する仕組みを作るの?
  • ASPの利用は全く価値がないのか?

今後は、こういった点について考えていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の向かう先が見えず悶々とした日々から抜け出したくて、転職を決意したぼく。主将宮本。勤務先はなんとマレーシアだった。。。ぼくは愛する妻と生まれたばかりの子供を日本に残し、単身マレーシアへいくことを決断した。

マレーシアに来て、WEBメディアに関わるようになり、日本よりも物価が低い国での暮らしも知り、アジア各国を回って経済を知り・・・投資を知り、騙されたりもして、辿り着いた先。

ぼくは『マーベリックWEBメディア部』を創り活動を始めた。ぼくが知り得るWEBメディア運営の情報を、メルマガという形で部員全員に共有させていただき、部員全員で「好きを仕事に」を目指していくWEB上の部活動だ!

どんなビジネスをするにしろ、これからはWEBメディアの運営が不可欠。期間限定で無料登録公開中。

マーベリックWEBメディア部 部員登録(メルマガ登録)

お名前(姓)*
お名前(名)
メールアドレス*
follow us in feedly

このカテゴリーの関連記事
正しいWEBメディア運営
5分でYoutubeをFacebookページに

5分でYoutubeチャンネルをFacebookページに連動させる方法

Facebookページは、もはやWEBマーケティングを仕掛ける際には必須のツールになっていますよね。そしてもう一つ、Youtu

正しいWEBメディア運営
情報発信者のためのしくみ

販売するのは自分の商品?他人の商品?

情報発信者のためのしくみ!第2回目です。 ぼくたちが使える武器 情報発信をしていく時、ぼくたちがどんな武器を持っているのか?ま

正しいWEBメディア運営
新規プロジェクト立ちあげに必要な3つのWEBメディア

新規プロジェクト立ち上げ時に必要な3つのWEBメディア

いま、新規でいろいろなプロジェクトが立ち上がっています。どんなビジネスであれ、今の時代はWEBで効率的にマーケティングを行って

正しいWEBメディア運営
ブロック理論

ブログで稼ぐなら、ブロック理論でもう一度自分の『WEBメディア』を考えてみよう!

ブログで稼ぎたい!そう思っているならば。 今の自分の『WEBメディア』が正しい戦略で正しい方向を向いているのか? これをもう一



Leave a Reply

*