負の部分を解消しないと『WEBメディア』で発信できない!? Mさんからの質問に回答します。

質問回答箱

『主将宮本の質問回答箱』。このシリーズでは、部員のみんなからもらった生の質問に、ぼく主将宮本が回答させていただきます。

今日は部員のMさんからのメールと、ぼくなりの回答です。

(Mさん>この記事上でメールいただいた内容に回答させていただきますね。)

Mさんからのメール

宮本主将

おはようございます。マーベリックWebメディア部員のMです。

昨日部室をのぞいたら????見覚えのある投稿記事が・・・

<記事を読むこと数秒・・・>

「俺の事じゃん〜〜〜!!!」(驚)×100倍。ひっくり返るところでした・・・orz

(宮本主将は)海外におられながら、近しい存在。一度もお会いしたことないけど一気に距離感が近くなった。そんな不思議な感覚を体験できました。

主将の記事や部員のみなさんの投稿を拝読しては、「すごいな〜・・・」、「勉強になるな〜・・・」と思いつつも、どこか他人事と言うか、自分に置き換えて考えれなかったところがあります。

今回、自分の投稿を取り上げていただいたことで、遅ればせながら、部員としての自覚が出てまいりました。ありがとうございます。

主将のご助言を何度も何度も読み返し、迷ったらそこに立ち返る行動指針にさせていただきます!

漠然と「がんばるぞ!」では、継続的な結果につながらないので、具体的な行動に落とし込み、深掘りして、僕にしかできない表現で共感してくれる仲間を増やし、価値を提供できるようになるまで高めていく。

その手段としてwebがあり、情報発信の積み上げが大切であると。理解度が深まった気がします。

気まぐれな日記ブログを書いて、アフィリリンク貼って、「全然稼げない・・・」と嘆いて更新が止まる・・・

<しばらく時間が空いて>思い直して、記事を更新、反応無く更新止まる・・・この繰り返し。

ちなみにこんなブログです。(あーーーー恥かしい・・・)
http://matsub0629.seesaa.net/ (穴があったら入りたい。。。)

↑価値提供の観点で言えば、ゼロに久しく誰も読むわけないし、感謝もされない。川島和正さんの本を読んでとりあえず、「ブログ始めれば稼げるのか!」と軽い気持ちで取り組んだもののコンセプトも特別な情報発信もなく、気づけばメルマガや無料レポートの情報に目移りし、一番大切なアウトプットがおろそかに・・・

そこで一つの障壁が生じます。

自由に発信することと価値提供は似て非なると思うのですが、、、

たとえば今抱えている悩みだったり、トラウマだったり・・・負の部分を前面に押し出しても共感してくれる人はいても(極端な例でいえば自殺サイトとか・・・)価値提供にはならないと思うのですね。僕自身その負の部分をクリアしないと自由になれないままで、非常に心苦しいのです。

では、そのトラウマを解消して、もしくは別のキャラを演じてプラスの情報発信するにどうすべきか?

つまりはwebメディアに対する心構え。

大半の部員のみなさんはもうこのマインドと言うか心構えは、クリアされてどうやってシステム化するかとか外注化するかとか自動化するとか集客するか?と稼ぐための具体的手法やアイディアが絞られていると思うのですが、僕はまだそのレベルではありません。(キッパリ)

でも、必ず上りつめていく覚悟でいます!(そう、根拠もなくインターハイ決勝進出を誓ったときのように・・・)改めて、主将の助言の重み・大切さを感じております。

心構え・マインドは時間をかけてでもキャラを作る前段としてブレない太い柱を築きいていくべきだと思うのです。

僕にとっては大きな関門です。ここをクリアできれば一気に視界良好になるのは明らか。(できればネットと実在の乖離を無くしていきたいです。)

僕の人生は、抑圧されて自分を押し殺してきた生き方でしたので、一見まじめでバランスのとれたイイやつそうにに見えるのですが、言いたいことも言えず、自分を押し殺して愛想笑いしている苦しんでる一面もあります。

心の拠り所を求めていろんなところを彷徨っていたような気もします。答えなんてあるようで実は無いのかもしれません。

答えは自分の中にあることに気づければ、どんな生き方だってできるのに答えを外に求めて誰かのレールに乗っかって、自分の核を育てる努力を怠ってきたツケが今の自分であり、関係する人間関係であると思うのです。

過去の延長ではなく、過去を受け入れて今を生きる。今更ながら、人に役立つ僕だけのオリジナル人生コンテンツの再構築。

42歳。元実業団ランナーやります!

精神的自由・金銭的自由・時間的自由を求めて・・・自分解放宣言!

引き続き よろしくお願いします。

長々名と拙い文章で失礼いたしました。主将は、日々お忙しいと思いますのでご返信は結構です。ただただ、お礼が言いたくてメールを書かせていただきました。

ありがとうございました。

主将宮本よりMさんへ

お疲れ様です。【マーベリックWEBメディア部】主将の宮本です。

メール、ありがとうございました。Mさんの情熱がヒシヒシと伝わってくるメールでした。

さて、返信は不要とのことでしたが、僭越ながらブログのURLもいただきましたし、ぼくなりにアイデアを連絡させていただきますね。参考にしてみてください。

(宮本主将は)海外におられながら、近しい存在。一度もお会いしたことないけど一気に距離感が近くなった。そんな不思議な感覚を体験できました。

宮本:ぼくが海外にいるので、なかなか直に会う機会がないですもんね。。。日本に帰国したタイミングで、みんなで作戦会議をするオフ会を開きましょう!!

主将の記事や部員のみなさんの投稿を拝読しては、「すごいな〜・・・」、「勉強になるな〜・・・」と思いつつも、どこか他人事と言うか、自分に置き換えて考えれなかったところがあります。

宮本:こういう部員は他にもたくさんいると思いますよ。。。まだまだぼくの力不足な部分でもありますorz…

正直に言ってしまえば、ぼくが発信している情報。それだけではなく、コーチの孔明さんやその他いろんな方々の発信している情報。これ全部無視するぐらいの勢いでもいいぐらいです。(ほ、ほんとにみんなに無視されていくと悲しいですが・・・)

何故こんなことを言うかというと、何度も口を酸っぱくして言っているように、一番大事なのはMさん自身が情報を発信することだからです。

ビジネスとはWEBにかかわらず、提供する側に回らなければ、お金を受け取ることは出来ないもの。情報であれば、受ける側ではなくて情報発信側にまわること。サービスであればサービスを提供する側にまわること。これができてはじめて、対価としてお金を生み出すことができるのがビジネスです。

ですので、自分自身の目線を情報発信する側の視点に変える必要があります。ブログはこれを鍛えるための最適なツールでもありますよね。まずは、ブログのネタを探す感じで、毎日を過ごしてみてくださいね。

漠然と「がんばるぞ!」では、継続的な結果につながらないので、具体的な行動に落とし込み、深掘りして、僕にしかできない表現で共感してくれる仲間を増やし、価値を提供できるようになるまで高めていく。

その手段としてwebがあり、情報発信の積み上げが大切であると。理解度が深まった気がします。

宮本:これはその通りですね。ただ・・・『具体的な行動に落としこみ』という部分。これは、ツールや方法論の方に走りすぎず、自分が決めた目標を達成するためには何をするべきか??というところにフォーカスするようにしてみてくださいね。

ぼくがMさんのライフスタイルを決めることはできませんが・・・、Mさんは元実業団ランナーで、数々の優勝経験などもあると伺っています。

その経験を活かして、走ることを楽しむことに特化!例えば、バイクで全国を巡るみたいにランニングで全国制覇を目指す。全国のマラソン大会はさることながら、走っていて楽しい道を追求しながら自分で走ってみたり、ランニングシューズはどれがいいとか、ウェアはこう選ぶとか・・・。走ることを目的にした旅だから、荷物はこうまとめた方がいいとか…。

そういう意味で、具体的な行動を絞り込んでいったほうがいいと思います。『WEBメディア』はあくまでも、それをみんなに伝えるためのひとつの手段ですから。

ちなみにこんなブログです。(あーーーー恥かしい・・・) http://matsub0629.seesaa.net/ (穴があったら入りたい。。。)

宮本:はい。現状Mさんの『WEBメディア』は、まだ細かなツッコミを入れる段階ではないですね。まずは上記のように、何を一番表現するのか?したいのか?という部分について、自分が腑に落ちるところを探しましょう。

そこで一つの障壁が生じます。

自由に発信することと価値提供は似て非なると思うのですが、、、

たとえば今抱えている悩みだったり、トラウマだったり・・・負の部分を前面に押し出しても共感してくれる人はいても(極端な例でいえば自殺サイトとか・・・)価値提供にはならないと思うのですね。僕自身その負の部分をクリアしないと自由になれないままで、非常に心苦しいのです。

では、そのトラウマを解消して、もしくは別のキャラを演じてプラスの情報発信するにどうすべきか?

つまりはwebメディアに対する心構え。

大半の部員のみなさんはもうこのマインドと言うか心構えは、クリアされてどうやってシステム化するかとか外注化するかとか自動化するとか集客するか?と稼ぐための具体的手法やアイディアが絞られていると思うのですが、僕はまだそのレベルではありません。(キッパリ)

宮本:ぼくは、自分自身の『負の感情』を『WEBメディア』の中に表現することは悪いことだとは思いません。むしろ必要なこと!だと思います。

なぜならば、『負の感情』こそが大事な『共感ポイント』だから。

よーーく思い出してください。書籍のまえがきのところとか、タイトルのところとか・・・。ネットビジネスをやっている人たちの情報でもそうですが、数年前までは貧乏街道まっしぐらだった・・・とか、高校中退だったりとか、親が自殺した・・・とか。過去の負の部分を堂々と表現していたりしませんか?

すごい実績!!には、人間は羨望の眼差しを向けますが、『悩み』・・・特にそれが読者も共通して持っているような『悩み』だった場合、人間は『共感の眼差し』を向けます。

いっつもグチグチとうるさい上司をもつ部下たちが、愚痴うるさい上司という『共通の悩み』を持ち、共通の話題で会話が弾み、結果的に仲良くなる。同じカラクリですよね。

だからMさんが持っている悩みも隠すことなく、『WEBメディア』の中で表現してみてください。

注意点としては、自分の『WEBメディア』のトピックの世界観で、それを表現するということ。ただの愚痴にはならないように、自分の世界(『WEBメディア』)の中で、その解決策を探っていくことです。

例えば、仕事でやらかしてしまって・・・、上司からはこっぴどく叱られ、後輩からは冷たい視線を投げられた。散々な一日があったとします。

Mさんがもしランナーとしてのライフスタイルを選択していたとしたら、そんな時こそ、一番のお気に入りのランニングコースへ繰り出すんです。あえて過去に栄光を手にした時のシューズを履き、本気ウェアに身を包んで、お気に入りのコースをひた走る!

道端に咲いている花がキレイだな・・・とか、あ、もう赤とんぼが出てくる季節なのか・・・とか思っているうちに、いつの間にか今日一日の嫌なことも全部忘れてしまう。そして栄光のシューズをみて、走ることだけに全てを捧げてきた栄光の時代を思い出し、

『おれはまだまだできる。こんなことでくじける漢じゃないぞ!』

そう、強く、強く決意を高めるのです!!

ちょっと出来すぎな例かもしれませんが、ぼくだったら「この人、ほんとに走るのが好きなんだな〜!!」と思いますよ。

本当に走るのが好きで、『NO RUNNING! NO LIFE!』なのであれば、それを『WEBメディア』で堂々と表現していく。そのためには、『悩み』の部分も大事な要素になりますね。

でも、必ず上りつめていく覚悟でいます!(そう、根拠もなくインターハイ決勝進出を誓ったときのように・・・)改めて、主将の助言の重み・大切さを感じております。

宮本:すばらしい心意気ですね!根拠なんてなくていい!一緒に『WEBメディア』で全国制覇を目指しましょう!!

心構え・マインドは時間をかけてでもキャラを作る前段としてブレない太い柱を築きいていくべきだと思うのです。

僕にとっては大きな関門です。ここをクリアできれば一気に視界良好になるのは明らか。(できればネットと実在の乖離を無くしていきたいです。)

宮本:とにかくまず、『これだ〜〜!』という感じではなくても、始めることです。仮にいま『これだ!』というものがあっても、きっと今後少しずつ方向転換だったり、修正していくことになりますから。

キャラ作りだって、世界観だって、行動して試行錯誤を得る過程でどんどん出来上がっていきます。まずはそれらを探るつもりで、とにかくアウトプットをしていったほうがいいですね。

過程の中で『これだ!!!』というものが改めて見つかれば、別の『WEBメディア』を使うとか、キャラを立てるとか・・・。もしくはそのままの『WEBメディア』で一気に方向転換を図るとか。これはいくらでもどうにでもなりますから。

僕の人生は、抑圧されて自分を押し殺してきた生き方でしたので、一見まじめでバランスのとれたイイやつそうにに見えるのですが、言いたいことも言えず、自分を押し殺して愛想笑いしている苦しんでる一面もあります。

心の拠り所を求めていろんなところを彷徨っていたような気もします。答えなんてあるようで実は無いのかもしれません。

答えは自分の中にあることに気づければ、どんな生き方だってできるのに答えを外に求めて誰かのレールに乗っかって、自分の核を育てる努力を怠ってきたツケが今の自分であり、関係する人間関係であると思うのです。

宮本:実際にぼく自身、ずっと似たようなことで悩んでいた時期がありました。いまでもそういったベクトルに心が乱れるときがあります。

個人的な体験ですが、情報発信をベースに人生を生きていくと、基本的に心が強くなっていくのを感じます。自分の中で軸というか芯というか、そういったものが積み上がっていくのを感じるからです。

自分自身が情報を発信しておきながら、実は自分が一番勉強になっているという感じです。Mさんの発言にもある『答えを自分の中に求める』ということ。『マーベリックWEBメディア部』の活動は、この点にも大きく貢献すると、誰よりもぼく自身が強く感じている点です。

過去の延長ではなく、過去を受け入れて今を生きる。今更ながら、人に役立つ僕だけのオリジナル人生コンテンツの再構築。

42歳。元実業団ランナーやります!

精神的自由・金銭的自由・時間的自由を求めて・・・自分解放宣言!

引き続き よろしくお願いします。

宮本:おおぉぉぉ〜〜し!ぼくも負けじとやりますよー!鉄は熱いうちに叩きまくりましょう!今後もいつでも相談してくださいね!一緒に考えて行きましょう。

部員から質問をもらって、少しでも解決できるように、ぼく自身一緒に悩み、考えていく!これ自体がぼくのライフスタイルの一部ですからっ!

では!長くなってしまいましたが、失礼致します。

【マーベリックWEBメディア部】主将@宮本盟

追伸

主将宮本への質問はいつでも受け付けています。質問がある場合には、以下の3つの方法のどれかで・・・質問してくださいね。

  1. 部員専用の問合せフォームを利用する
  2. 直接メールで問合せる: chikashimaru.m☆gmail.com (☆を@に変えてください)
  3. Facebookでメッセージ → 主将宮本のFacebookアカウント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA