ぼくが記事投稿で使っているHTMLタグ

日々の記事投稿でよく使用するHTMLタグについて、解説します。最低限次に紹介する程度を覚えておけば、『マーベリックWEBメディア部』の部員専用サイトと同等の投稿は可能です。つまり、ぼく宮本自身もコレぐらいしか使っていません・・・。

段落を指定する<p>タグ

<p>タグはParagraphの略で、<p>〜</p>で囲まれた部分がひとつの段落であることを表しています。

記事投稿時には、段落ごとに<p>タグを利用するようにしましょう。例えば以下のような感じです。

<HTML表記>

<p>Pタグを使用して段落を指定してあげましょう。</p>

<p>改行を指定するためのBRタグを連続で使用して、表示上はPタグを利用した時と同じように表示させることもできますが、これはSEO(検索エンジン対策)的にも、あまりよろしくありません。</p>

<p>Pタグ内のテキストの大きさや行間、色などは、スタイルシート(CSS)で指定してあげましょう。</p>

<ブラウザ表記>

スクリーンショット 2013 05 28 8 57 39

改行を行う<br>タグ

<br>タグは、改行を行うために使用します。同じ段落内で改行を行いたい場合に使用するといいですね。

<HTML表記>

<p>Pタグ内での改行に<br>
BRタグを使用しましょう。</p>

<p>BRタグを入れたところで、<br>
ひとつ改行が入ります。</p>

<ブラウザ表示>

スクリーンショット 2013 05 28 9 01 17

見出しで使用する<h2>、<h3>タグ

SEOの観点から大事だと言われているのが、<title>タグ及び<h1>タグになります。『マーベリックWEBメディア部』専用のWordPressデザインテンプレートでは、記事のタイトルに<title>タグ、<h1>タグが適用されるように設定してあります。

そして、記事のタイトルに続き、本文の中で使用する見出しには、<h2><h3>タグを使用しましょう。検索エンジンは膨大なテキストの中から、<h1>タグにはなんて書いてあるのかな?<h2>タグには・・・?という風に、優先順位の高いものから読み取っていると考えられます。

したがって、記事のタイトルを含め、見出し部分にもSEO的に対策をしたいキーワードを含ませるのが有効的です。

<HTML表記>

<h2>中見出しのH2タグ</h2>

<p>見出しにもキーワードを入れること。見出しタグの中にもSEO的に対策したいキーワードを入れたほうが有効的です。</p>

<h3>小見出しのH3タグ</h3>

<p>さすがにブログ記事の本文で、H4タグまで使用することはなかなかないのではないでしょうか?H3タグまでで、内容をまとめたほうがいいと思います。</p>

<ブラウザ表示>

スクリーンショット 2013 05 28 9 05 16

<h2>、<h3>タグのスタイルについては、CSS(スタイルシート)で変更をすることができます。

見出しタグは効果的に使用することで、文章の中にもまとまりを作ることができ、読者にとっても読みやすい文章を作ることができますので、ぜひ活用していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA