新OSX『Mavericks(マーベリック)』の新機能を細かく徹底解説①

OSX Mavericks

『Mavericks(マーベリック)』きたー!!

我らが『マーベリックWEBメディア部』と同じ名前を冠するMac OSXの新バージョン!その名も『OS X Mavericks(マーベリック)』が2013年6月10日(北米時間)に開催されたWWDC(World Wide Developer’s Conference)にて発表されました。

一般ユーザー向けの正式版は,2013年秋にMac App Storeにてダウンロード配信される予定らしく、現時点で価格は公表されていませんね追記:OSX Mavericksは無料での公開が発表されました!!

今日は一日15時間はMacbookと向き合い・・・なんといってもMac歴13年のぼく、主将宮本がAppleの発表した新OS『OSX Mavericks(マーベリック)』について、徹底解説してみたいと思います。

新MacOSの名前は『Mavericks(マーベリック)』だ!!

新OSX Mavericks(マーベリックス)
  • Public Beta版:Siam(シャム猫)
  • Mac OS X v10.0:Cheetah(チーター)
  • Mac OS X v10.1:Puma(プーマ)
  • Mac OS X v10.2:Jaguar(ジャガー)
  • Mac OS X v10.3:Panther(パンサー / 黒豹)
  • Mac OS X v10.4:Tiger(タイガー / 虎)
  • Mac OS X v10.5:Leopard(レパード / 豹)
  • Mac OS X v10.6:Snow Leopard(スノーレパード / 雪豹)
  • OS X v10.7:Lion(ライオン)
  • OS X v10.8:Mountain Lion(マウンテン・ライオン / クーガー)

と、ここまでネコ科で攻められてきたMac OSX(オーエステン)。

新OSX Mavericks(マーベリックス)

「なかなかネコ科の動物でいいのがいなくって・・・Sea Lion(シーライオン)ってのも考えたんだけどねー」

なんて冗談交じりにプレゼンテーションが進められていましたが、Appleが発表した新OSXの名称は『Mavericks(マーベリック)』に決まりました!

「OSXももう10.9・・・。もうひと踏ん張りネコ科でいけや!」

って突っ込みたくもなりましたが、ぼくらと同じ『Mavericks(マーベリック)』なのでゆーるーすー。

新OSX Mavericks(マーベリックス)

Finder(ファインダー)にタブ機能(Tab)がやってきた!

新OSX Mavericks(マーベリックス)

今までのFinder(ファインダー)って、ウィンドウをたくさん開きすぎて、どれだどれだ??ってなってたんですよね。Mission Control(ミッションコントロール)などで、ウィンドウの選択が簡単になっていたとは言え・・・、決してスマートではありませんでした。

WEBブラウザではもはや常識になっている『各ウィンドウがタブで開く機能』これがついに標準のFinderに搭載されます。

ぼくは日頃Path Finder(パスファインダー)っていうサードパーティのアプリを使っているので、既にタブ機能を漫喫していたわけですが、やっぱり標準で搭載されているっていうのは安定感など含めうれしいですね。

バラバラになったFinderのウィンドウも、『Windowメニュー > Marge All Window』で、素敵なアニメーションとともにジュワッーっと統合されます。

やっときたか!タグ付機能

新OSX Mavericks(マーベリックス)

タグ(Tag)というのは、WordPress(ワードプレス)でのタグ、Gmailで言うところのラベルと同じ機能。Finderでのタグ機能は、実は以前から使えることは使えた・・・が、新OSX『Mavericks(マーベリック)』では、Finderのサイドバーにタグが表示され、よりFinderにタグ付およびタグ管理をシームレスに組み込んだ形になっています。(タグで表示させたウィンドウにファイルをD&Dすることにより、簡単にタグ付できるようです。

Finderとタグが身近になることにより、フォルダ分けでのデータ管理に加えて、タグによるデータ管理が行えますので、より目的のデータに辿りやすくなりますねー!!

新OSX Mavericks(マーベリックス)

さらにデータを保存するときにも、名前や保存先に加えてタグ付の項目が追加されています。なかなかナイスなインターフェイスです!

とはいえコレも、ぼく的には以前から『Tags』というアプリでほぼ実現できていたことです・・・。でもやっぱり、標準のFinderなどとシームレスに連携できるようになるのは嬉しいですね。

WWDC2013の様子はこちらで。

見逃した方は、Youtubeで確認できますよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA