新規プロジェクト立ち上げ時に必要な3つのWEBメディア

新規プロジェクト立ちあげに必要な3つのWEBメディア

いま、新規でいろいろなプロジェクトが立ち上がっています。どんなビジネスであれ、今の時代はWEBで効率的にマーケティングを行っていくことが重要ということは、もはや常識ですよね。

プロジェクト開始と同時に運営するべき3つのWEBメディア

まず定期的・継続的に情報をアップしていくことが、これからのWEBマーケティングの王道だということを大前提とした上で、いまぼくが最もおすすめできるのは、以下の3つです。

  • WordPressベースのWEBメディア
  • アメブロ
  • Facebookページ

実際にぼくも参加しているプロジェクトでは、お決まりのようにまずこの3つを整えていきます。

WordPress(ワードプレス)は全てのベースとして。

まずWordPress(ワードプレス)を一番最初に作りこんでいきます。プロジェクトのホームグラウンドとなる、一番中心のWEBメディアですので、ブログ表示だけではなく、

  • 会社情報
  • サービス・商品の内容
  • 価格の情報
  • 商品のメリットやデメリット

など、サイト全体を通して商品の魅力をしっかりと伝えたり、信頼感を高めるようにな作りを行います。

その上で日頃の情報発信ができるように、ブログ機能を組み込んでいきます。

アメブロはアメプレスで運用中。

基本的には、WordPress(ワードプレス)をすべてのホームとして考えます。ぼくの場合はアメブロはアメプレスという外部プログラムを利用して、WordPress(ワードプレス)ブログの記事が、自動でアメブロに反映されるように設定しています。

アメプレスの利用において注意しておく点は、以下の通り。

  • アメブロとWordPress(ワードプレス)のカテゴリ名を完全に一緒にしておくこと。(そうすると、投稿カテゴリもちゃんと反映されます。)
  • アメブロとWordPress(ワードプレス)で記事本文が挿入されるスペースの幅を揃えておくこと。(そうすることで、画像なども問題なく設置されます)

Facebookページは、コピペで運用

最後のFacebookページ。記事自体はWordPress(ワードプレス)記事のコピペです。媒体が変わると見てくれる読者層も変わってくるので、自分のオリジナルの記事を複数媒体に応用するようにしています。

Facebookページ運用で大事なことは、継続と広告。アプリの充実も必要ですね。無料で使えるFacebookアプリはたくさんありますので、上手く活用するといいですね。

ここまでは基本的なWEBメディアです。

WordPress(ワードプレス)、アメブロ、Facebook。ここまで作って、基盤ができたと言えます。

  • 既存のお客様たちに情報を知ってもらうための基盤。
  • 検索エンジンから自然流入してきたお客様への情報発信の基盤

ですがここからビジネスを加速させて行くためには、やはりメルマガの力を利用していく事になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA