新型「iPad mini(Retinaモデル)」初代と比較してどっちが買い?スペック徹底比較

iPad mini Retinaモデル

新型「iPad mini」が発表されましたね。これまで、初代iPadで粘ってきましたが、新型「iPad mini」は買いたいと思っています。

さて、第5世代のiPadは『iPad Air』。第二世代のiPad miniは『iPad mini(Retinaモデル)』となったわけですが、スペックの違いを比較してみました。

特にぼくの狙っているiPad mini(Retinaモデル)。初代iPad miniが、価格を3万1,800円と安くして販売継続を行うということで、どっちを購入すべきか?比較検討です。

iPad Air第四世代iPadiPad mini
(Retina)
iPad mini
ipad airipad 第四世代iPad mini retinaiPad mini
モデルWi-Fi,
Wi-Fi+Cellular
Wi-Fi,
Wi-Fi+Cellular
Wi-Fi,
Wi-Fi+Cellular
Wi-Fi,
Wi-Fi+Cellular
容量16/32/64/128GB16/32/64/128GB16/32/64/128GB16/32/64GB
CPUApple A7(64ビット)
M7モーションコプロセッサ
Apple A6X(デュアルコア、
クアッドコアグラフィックス)
Apple A7(64ビット)
M7モーションコプロセッサ)
Apple A5(デュアルコア)
ディスプレー9.7インチ 、
2048×1536 ドット(Retinaディスプレイ)
264ppi
9.7インチ、
2048×1536 ドット(Retinaディスプレイ)
7.9インチ 、
2048×1536 ドット(Retinaディスプレイ)
326ppi
7.9インチ、
1024×768ドット
バックカメラ静止画5メガピクセル5メガピクセル5メガピクセル5メガピクセル
バックカメラ動画1920×1080 ドット
(1080p HD)
1920×1080 ドット
(1080p HD)
1920×1080 ドット
(1080p HD)
1920×1080 ドット
(1080p HD)
フロントカメラ静止画1280×960ドット
(QVGA)
1280×960ドット
(QVGA)
1280×960ドット(VGA)1280×960ドット(VGA)
フロントカメラ動画1280×720ドット
(720p HD)
1280×720ドット
(720p HD)
1280×720ドット
(720p HD)
1280×720ドット
(720p HD)
Wifi802.11a/b/g/n/
デュアルチャンネル(2.4GHz/5GHz)とMIMO
802.11a/b/g/n802.11a/b/g/n/
デュアルチャンネル(2.4GHz/5GHz)とMIMO
802.11a/b/g/n
SIMNano-SIMMicro-SIMNano-SIMNano-SIM
センサー3軸ジャイロ、加速度センサー、環境光センサー3軸ジャイロ、加速度センサー、環境光センサー3軸ジャイロ、加速度センサー、環境光センサー3軸ジャイロ、加速度センサー、環境光センサー
バッテリー:3G/4G通信でのネット最長9時間最長9時間最長9時間最長9時間
バッテリー:Wi-fi通信でのネット、
ビデオ再生、オーディオ再生
最長10時間最長10時間最長10時間最長10時間
高さ241.0 mm241.2 mm200 mm200 mm
169.5 mm185.7 mm134.7 mm134.7 mm
奥行き7.5 mm9.4 mm7.5 mm7.2 mm
重量469g(Wi-Fi),
478g(Wi-Fi+
Cellular)
652g(Wi-Fi),
662g(Wi-Fi+
Cellular)
331g(Wi-Fi),
341g(Wi-Fi+
Cellular)
308g(Wi-Fi),
312g(Wi-Fi+
Cellular)

iPad mini(Retina)はココが違う!

なんといってもまずは、ディスプレイがRetinaになったことですよね。Retinaディスプレイに関しては、Macbookで体感しているので、これはうれしい。

いつも使っている分には、慣れてしまって・・・その高精細さを意識しませんが、Retinaではないディスプレイと並べて比較すると一目瞭然に違います。

もう一つ、嬉しいのはMIMO(multiple-input and multiple-output)への対応

MIMO(multiple-input and multiple-output)とは、複数のアンテナを組み合わせてデータ受信の帯域を広げる無線通信技術のこと。コレにiPad mini Retinaモデルが対応。

まぁ簡単に言うと、Wifiでの通信が早くなるで!!ということ。最大300Mbpsまで対応可能になったとのこと。

気になる価格は?

価格は最安のWi-Fiモデル16GBが399ドル。日本円で41,900円。11月中の発売予定。Wi-Fi+Cellularモデルは529ドル、日本円で約5万円強のようです。

ぼくの場合は、マレーシアでの発売を待っていたら結構遅くなってしまいますね。。。シンガポールか香港か。買いに行こうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA