マレーシア・ジョホールバルで中古車を購入してみた

マレーシアで中古車購入!

ぼくの家族がマレーシア・ジョホールバルに移住してきて約一年。よくタクシー生活に耐えた。。。マレーシアはタクシーの初乗りが3RM(約100円)程度で、日本に比べれば格安。・・・とはいっても、やはり小さい子供も含めたタクシー生活は本当に不便だ。

最近は『mytexi』というスマホアプリのおかげで、タクシーを拾えないということが、深夜や早朝を除けばほとんど無くなってきたが、それでも公共交通網が整っていないマレーシアで、小さい子供を含めた家族がタクシーのみで生活をするには、ちょっと不便すぎた。

マレーシアの車は激高!

実はマレーシアの輸入車に対する関税は100%。日本車を含め輸入車を購入しようとすると、単純計算でだいたい購入価格は2倍・・・orz…

proton(プロトン)とかprodua(プロデュア)などのマレーシアの国産車は、もちろん関税がかかってない分、輸入車よりも安いけれども、誰に聞いても国産車はやめておいた方がいい。。。的な回答。

「日本車と比較するなんて、そもそもナンセンス!」

っていう答えが返って来てしまう。

正直ピッカピカの新車を購入することに、それ自体に日本の2倍もする数百万円ものお金をかけることに、何の魅力も感じることができなかったため、思い切って中古車を購入し乗りつぶすことにした。

早速マレーシアの中古車販売サイトにアクセスして、100万程度の安い車を検索。正直、車の購入に関しては日本は最高!マレーシアだと100万円で変えるレベルの中古車は、おそらく日本では20万とか30万とかそれぐらいのレベルの中古車である。

日本語の通じないマレーシアの地で・・・さらにはボロボロのオフィスを構えるマレーシアの中古車屋に突撃して、100万円を超える商品を購入する。アドベンチャー以外の何者でもないが、正直ぼくは、こういうの・・・嫌いじゃない。いや、むしろワクワクしてしまう方だ。

マレーシアの中古車販売サイトで、めぼしい車を見つけては、電話をかけて場所を聞き出す。現地で一度チェックしてね!って記載があるくせに、WEBサイトに住所の記載が全然ないところあたり、『WEBメディア』づくりの甘さを感じてしまうところ。

果敢に電話攻撃をするも、ドント スピーク イングリッシュ(怒)などと言われて、愛想なくガシャリと電話を切られることも多数。。。一切の感情を排除して、心を無にした形でさらに電話攻撃を行い、結局2社まで絞り込んだのだった。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA