正しいWEBメディア運営

ブログで稼ぐなら、ブロック理論でもう一度自分の『WEBメディア』を考えてみよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
level001
ブロック理論
bnr_松山式#1

ブログで稼ぎたい!そう思っているならば。

今の自分の『WEBメディア』が正しい戦略で正しい方向を向いているのか?

これをもう一度真剣に考えてみたほうがいいかもしれません。そんな時に、概念としてぼくが実践している方法(勝手にブロック理論と名づけた!)を使ってみるといいかもしれません。

高さを目指すブロック理論!

ブロック理論

こんな感じで、5×5=25個のブロックがあったとします。横軸は狙っているキーワード数。縦軸はアクセスを表します。

ブロック理論02

キーワード数が広がれば広がるほど、縦ではなく横に伸びることになり、結果アクセスを伸ばしにくくなります。最も最たる例が、何も考えずに書いている日記のようなブログですね。

簡単な話、いつもお伝えしているように、『絞れ絞れ!!読者に媚びずに絞り込め!』ってことなんですね。内容を絞り、狙うキーワードを絞りこんでいくほど、横ではなく縦に伸ばしていくことが容易になります。

アクセス数=稼ぐ金額に必ずしも比例しないので一概には言えませんが、それでもアクセス数を伸ばすということは、ブログで稼いでいこうと思う時にはひとつの目標。この考え方は重要になります。

実際にぼくがやっていること。

いままで自分が、どんなキーワードで記事を書いてきたのか?すべての記事に目を通し、キーワードを拾っていければいいのですが、時間がいくらあっても足りない・・・。

ですので、ぼくはまず記事タイトルのみをリスト化します。そこからキーワードを拾い、キーワードのリストを作成します。

キーワードのリストと、記事のタイトルを見比べながら正の字で、キーワードに対するボリュームをチェックします。そうすると、自分がいままでどんなキーワードで記事を書いてきたのか?分かりますよね。

ここまで来れば、あとは取捨選択です。

  • ブログの方向性を考えて、さらに重点的に書いていくキーワードを絞りこんでいく
  • アクセス解析を見て、アクセスを呼び込めるキーワードを見極める
  • Googleアドワーズのキーワードプランナーで、関連するキーワードを調べ、ロングテールを狙える複合キーワードを探す

こんなことをやったりします。これを定期的に行うと、ブログの方向性がぶれてしまうのを防ぎ、さらに軸がしっかりしてくると思いますね。

時間を見つけて、やってみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の向かう先が見えず悶々とした日々から抜け出したくて、転職を決意したぼく。主将宮本。勤務先はなんとマレーシアだった。。。ぼくは愛する妻と生まれたばかりの子供を日本に残し、単身マレーシアへいくことを決断した。

マレーシアに来て、WEBメディアに関わるようになり、日本よりも物価が低い国での暮らしも知り、アジア各国を回って経済を知り・・・投資を知り、騙されたりもして、辿り着いた先。

ぼくは『マーベリックWEBメディア部』を創り活動を始めた。ぼくが知り得るWEBメディア運営の情報を、メルマガという形で部員全員に共有させていただき、部員全員で「好きを仕事に」を目指していくWEB上の部活動だ!

どんなビジネスをするにしろ、これからはWEBメディアの運営が不可欠。期間限定で無料登録公開中。

マーベリックWEBメディア部 部員登録(メルマガ登録)

お名前(姓)*
お名前(名)
メールアドレス*
follow us in feedly

このカテゴリーの関連記事
正しいWEBメディア運営
5分でYoutubeをFacebookページに

5分でYoutubeチャンネルをFacebookページに連動させる方法

Facebookページは、もはやWEBマーケティングを仕掛ける際には必須のツールになっていますよね。そしてもう一つ、Youtu

正しいWEBメディア運営
情報発信者のためのしくみ

販売するのは自分の商品?他人の商品?

情報発信者のためのしくみ!第2回目です。 ぼくたちが使える武器 情報発信をしていく時、ぼくたちがどんな武器を持っているのか?ま

正しいWEBメディア運営
新規プロジェクト立ちあげに必要な3つのWEBメディア

新規プロジェクト立ち上げ時に必要な3つのWEBメディア

いま、新規でいろいろなプロジェクトが立ち上がっています。どんなビジネスであれ、今の時代はWEBで効率的にマーケティングを行って

正しいWEBメディア運営
情報発信者のための仕組み!

販売方法の選択だけで約5%の利益を上乗せする方法

ヤフオクとかAmazonとかインフォトップのようなASPとか、そういう整えられたインフラを利用するのではなく、インターネットを



Leave a Reply

*