タブーは破るためにあるのさ。

うひゃひゃ♪うひゃひゃ♪うひゃひゃひゃーーー♪
情報弱者にっ!感謝ーーー♪
僕は楽して1,000万♪
うひゃうひゃうはは♪1,000まーーーん♪

っと今日も楽して月収1,000万円を目指す弱者駄くんは、ご機嫌な様子。

楽して月収1,000万円!?売太郎先生と弱者駄くん現る!』の回で売太郎(うったろう)先生に教わったとおり、詐欺楼先生と写真を撮ったり、モデルさんや高級車、豪華な内装…なんかの写真をたくさん撮ってきたようです。

弱者駄:
これで僕も楽して1,000万が見えてきたなー。売太郎先生のところに早速報告しに行ってみよー。

何やら怪しいにおいのプンプンする弱者駄くんと売太郎先生ですが、ともかく…今日も2人の会話を覗いてみましょう。

秘技伝授

弱者駄:
売太郎せんせーい。おっじゃましまーす。あっいけね。靴はちゃんと並べておかないとなー。こういう日頃の行いが悪いと情報弱者さんに嫌われちゃうんだよねー。

よしっ。これで完璧っと。

売太郎せーんせい。せんせーーーーい。せーーーーーんせーーーーぃ♪

売太郎先生

はっ。売太郎先生が鼻歌まじりのご機嫌モードだ・・・。何してるんだろ?

先生?売太郎せんせーぃ?

売太郎:
おっ。なんだよ弱者駄くん。来てたのかぃ?

弱者駄:
売太郎先生、そんなにご機嫌で何をしてるんですか?

売太郎:
何って・・・?楽して1,000万円稼ぐための秘技を使っているところだよ。久しぶりにやったから腕が鈍ってるけどねー。

弱者駄:
えー。そんな秘技があるんですか?僕にぜひ教えて下さい!

売太郎:
うんうん。じゃ、今日は弱者駄くんに『秘技伝授』をしてあげよう!

㊙フォトショップ

売太郎:
ところで弱者駄くんは、インフォ◯ップとか、インフォ◯ートとかのアフィリエイターのアカウントって持ってる?

弱者駄:
あ、一応持ってます。

売太郎:
見せてみてみて。

・・・これはまた、気持ちがいい程なーんにも売れてないね。

まぁいいや。今の数字なんて関係ないから。じゃぁ弱者駄くん。そこで『⌘+shift+3』を押してごらん。

弱者駄:
えっと・・・コマンドとシフトと3。Macはよく分からないなぁ。けど先生!押しましたー。

売太郎:
そしたらデスクトップに『スクリーンショット』ってファイルができるから、それをマル秘ツール『photoshop(フォトショップ)』にポィってドラック&ドロップしてみて。

弱者駄:
なんですか?そのマル秘ツール『photoshop(フォトショップ)』って…?

売太郎:
なんだい『photoshop(フォトショップ)』も知らないのかい。全く!『photoshop(フォトショップ)』っていうのは、ニキビでいぱーいな女性の写真をすべすべお肌に変えたり、ピラミッドと自分の写真を完璧に合成して「エジプトに行って来ました〜」なんていう写真をつくれたりする、嘘つきな僕たちには必須のツールなのさ。

弱者駄:
どわー。そんな「俺は東京生まれ極悪育ちー♪」なツールがあったんですかっ!

売太郎:
そうさっ!このツールを使って…、まずは既存の数字を消してっと。商品名のところに適当なアフィリ商品名をたくさん書き込んで…モザイクかけて…えっと、アフィリ報酬は1万円ぐらいにしとこっかな。

で、えっと、一日に30個ぐらい売れたことにしとこ。30万×30日で900万円。あ、月収1,000万にちょっと足りないや。一日40個うれたことにしとこ。

仕上げはえーーっと。赤字で『僕が遊んでいる間にも…◯月◯日。40万円のアフィリ報酬獲得!』とか書いとこうかな。

ほらっ。でーーきた。

秘技:嘘もホントにできるのさっ。

弱者駄:
う、売太郎先生。さすがにそれはまずいんじゃないですか?思いっきり嘘ついちゃってるじゃないですか…。

売太郎:
弱者駄くん。キミはまだ自分を捨て去れないようだね。

いいかい弱者駄くん。『タブーってのは破るためにあるのさっ!』。タブーは誰も破らない。だからこそ破った者には楽して1,000万の道が見えてくるんだよ!

弱者駄:
な、なるほどー。僕の考えが甘うございました…。

売太郎:
だいたいキミはこれから楽して1,000万を稼ぐために情報弱者さんたちを相手にするんだよ。そのために写真もいっぱい撮ってきたじゃないか!

高級車とかかわいいモデルの彼女との写真ってのは、情報弱者さんたちの感性を刺激しているわけ。けどね、まだまだそれじゃ足りないんだ。

今度は数字が入ってて、論理的にかつ客観的にキミのことを『すげーー』って思ってもらえるような、権威付けが必要なんだよ。一番分かりやすいのは今までの実績だよね。

けど今のキミにはそんな実績が、これっぽっちもない。じゃ、どうすればいいか?ないなら自分で作るまでさ!

弱者駄:
先生ぶっとんでますなー

売太郎:
ばかたれー!ぶっ飛ばずして楽して1,000万稼げるかぃ!

弱者駄:
す、すいませーん。。。

売太郎:
とにかくだな。こんな嘘の画像を使うのは最初の数ヶ月。初動の期間だけだよ。いままで準備した裏後光アイテムを使って、情報弱者さんからお金を巻き上げられたら、ほんとの画像を使えばいいのさっ。

嘘もホントに変えてしまえば!!!最初の嘘なんてかわいいもの。時とともに人間忘れ去っていくものなのさ。

弱者駄:
なるほどー。これは『僕たちにとって』は必要悪なんですねー。

(つづく・・・)

追伸

この『後光キャンセラー』シリーズは、『マーベリックWEBメディア部』部員のみんなが、巷にあふれる心ない人たちに騙されてしまわないように、ストーリ仕立てでぼくが書き綴るものです。

決して、これが本物のノウハウだと…思って、実行しないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA