ジョホールバルでプロのカメラマンに撮影をお願いしてみた!

ジョホールバル 写真スタジオ

我が家では、子供が生まれて以来、年に一度子供の誕生日周辺に合わせて、写真スタジオもしくはフリーのカメラマンに写真を撮影してもらうのが決まり。いま、第一子が3歳なので今年で3回目の企画実行になります!

1回目と2回目は、妻の実家のある鹿児島でフリーの女性カメラマンをネットで探し、公園に行ったり、海に行ったりしつつ、カメラマンと夫婦共にデザイナーなぼくらがアイデアを出しながら、日常では撮影しないコンセプチュアルな写真を撮影!

親の自己満足な写真が数百枚であがりました。

そして、妻や子どもたちもマレーシア・ジョホールバルに移住してきた今年。初めてジョホールバルでの企画実行です!

ジョホールバルに、イカした写真スタジオとかあるのか?と不安いっぱいでしたが、ネットで探しに探し見つけたのが『D’Enfant』という写真スタジオ(リンク先のWEBサイトは、消音できない音がなりますのでびっくりしないでくださいね・・・)。意外にも、自宅からそう離れていない場所にありました。

さっそくジョホールバルの写真スタジオに行ってみた!

『D’Enfant』があるのは、Pelangi(ペランギ)という日本料理屋などがたくさんある地区。昔、日本人が多く住んでいた地域らしく、その名残のようです。

早速電話をして、予約。週末に行ってきました。

ジョホールバル 写真スタジオ

ジョホールバル 写真スタジオ

むむっ!

ジョホールバルでは珍しいくらいに、内装がすごく綺麗・・・。スタッフも若く身なりもすごく綺麗でおしゃれ。

おおぉ。ジョホールバルにもこんなところがあったのか!?・・・と、少し感心。とりわけかっこいいジーンズを履いていたお姉さんに聞いてみました。

ぼく:「そのジーンズ、どこで買ったんですか?」

スタッフさん:「シンガポールですよ」

ぼく:「・・・やっぱりね。」

とまぁ、ファーストインプレッションとしては、なかなか上々のD’Enfant。

ジョホールバル 写真スタジオ

ぼくが手続きをしている間、子どもたちは早速・・・普通に買うにはちょっと勇気がいるレベルのでかさ!の熊のぬいぐるみに大はしゃぎ。子供をリラックスさせるための気遣いもナイスです。

ジョホールバル 写真スタジオ

ジョホールバル 写真スタジオ

早速、実際に写真を撮影する2Fへ。まずはいきなり小道具部屋です。ぬいぐるみや、衣装がワンサカ!こういう部屋が2部屋ありました。子供だけではなく、大人のための衣装や撮影セットもあって、充実感満載です。

ジョホールバル 写真スタジオ

撮影部屋は、一面が全面ガラス貼り。自然光をたっぷりと取り入れ、さらに白いカーテンで光をやわらかく分散させて、イケてる写真を演出するわけですね。

ジョホールバル 写真スタジオ

こんな書斎セットも揃っていました。ここで、あれですね・・・。まじめーーーーーーに写真を撮ると、下の写真のようになるわけですね・・・。

ジョホールバル 写真スタジオ

こういうお固いのは求めてないので、今回は書斎セットは使わず、楽しい感じで。恐竜のきぐるみを着たり、なぜかストックがあった枝豆のきぐるみを着てみたり。

さてはて、出来栄えはどうなるのか?楽しみです。

ちなみにお値段は、子供2人を撮影(・・・と言いつつ、なぜか親も一緒にはいったりしましたが)で、450RM。だいたい1万4,000円程度でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA