アメブロとWordPressを連動させる必殺ツール

wordpressとアメブロ。最強ツールを手に入れた!

アメブロで情報発信を始めた。WordPress(ワードプレス)も作ってみた。でも、どうやって使い分けていけばいいんだろう?

そんなあなたの疑問にお応えするべく、ジョホールバルを拠点に活動するFTP社のCTO(最高技術責任者)である風上流さんにインタビューを行いました。

彼もFTP社のアメブロやWordPressサイトなど、複数の『WEBメディア』を管理しており、この辺りの事情は、日々実践を通しながら研究をしています。

  • アメブロとWordPress(ワードプレス)。どうやって使い分ければいいのか?
  • 重複コンテンツって大丈夫なの?
  • アメブロとWordPress(ワードプレス)の連動で最強に役に立つアメプレスについて。
  • アメブロでできるアクセスアップの方法は?
  • アメブロ削除問題・・・。実際どの程度までなら大丈夫?
  • アメブロとWordPress(ワードプレス)。ふたつの『WEBメディア』を運営していく時にできる最大効率化の方法は?

どれか1つでも気になったなら、ぜひ、音声を聞いてみてくださいね。

http://bit.ly/17kc0zy

音声収録後にぼくも使い始めたアメプレス

音声の中でFTP社のCTO(最高技術責任者)に教えてもらったWordPress(ワードプレス)とアメブロの同時運用を効率化する秘密のツール『アメプレス』

実際にぼくも約一ヶ月前から使い始めました。

いつものように、Macのブログ投稿用アプリケーション『MarsEdit』を立ちあげて、リアルタイムに実際の表示を確認しながらブログを執筆。投稿したいカテゴリを選択して、『Publish』ボタン(投稿ボタン)を押します。

もう何百回と続けた、WordPress(ワードプレス)への投稿の流れです。

このいつもの流れを全く壊すことなく、壊すどころか、何も手を加えることなく、同時にアメブロへの投稿も行ってくれる。

・・・それが、『アメプレス』の一番素晴らしい点。

昨年までは、アメブロ関連のツールでも一番有名な『アメーバキング』というツールを使っていました。でも、WordPress(ワードプレス)サイトは『アメーバキング』の管轄外。

アメブロからWordPress(ワードプレス)へとメインの『WEBメディア』を移行したあとは、少しアメブロが放置気味になっていました。

この点を完全に解消してくれた『アメプレス』。

さらにアメブロのアクセスアップには欠かせない読者登録や、読者メンテナンス、ペタも、従来のアメブロ関係のツール同様、超効率的に行うことが出来ます。

ぼくにとっては、今ではなくてはならないツールになってしまいました。

アメブロとWordPress同時運用は必須!

以前までは、まずはアメブロから・・・という風にお伝えしていましたが、ぼくははっきりと…。最初からアメブロとWordPressの2本立てで運用していく方が確実にいいと思います。

アメブロは無料で始めることができるけど、削除されたりするリスクがつきまとってしまう。

WordPress(ワードプレス)はすべて自分の管理下におけていいけれど、サーバ代など固定費が少し必要になってくる。

それぞれメリット・デメリットはありますが、2本同時運用することで、アクセスの間口を広げることが可能ですし、何よりも、リスク分散になります。

アメブロとWordPress。今まで2本同時運用の最大の挫折ポイントは、投稿の手間、設定の手間にあったと思います。日々の運用に対する労力が単純計算で2倍になるわけですから・・・。

今までも、アメブロの方は外注さんに投稿してもらう。・・・というようなやり方で、解決はしてきましたが、ツールの力で、自動で解決できるようになったのはやはり大きいです。

外注さんもひとりの人間なので、ミスがあったり、外注費の支払いの手間があったり・・・。ツールで解決できるメリットってぼくにとっては大きいんですよね。

  • アメブロとWordPressを同時運用しているあなたも、
  • アメブロしか運用していないあなたも、

ぜひ使ってみてくださいね。

アメブロとWordPressを連動させる必殺ツール『アメプレス』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA