つまらない大人に成り下がった者達。

つまらない大人になった者達

部員:「主将!WEBビジネスで成功して自由な暮らしができて羨ましいです!独立して成功できた秘訣はなんですか?」

夜な夜なメールボックスを確認するとこの手の問い合わせが迷いこんでくる。みんなぼくが独立して起業していると思っているようだ。

・・・が、それは大きな間違い。ぼくは、間違いなく今も、サラリーマンである。

一応、役員というポジションをいただいているが、ビザ関係の理由があるだけで、実情は普通のサラリーマンと変わらない。

もしあなたが、WEBを活用したビジネスで稼ぎまくって、さっさとサラリーマンを卒業するんじゃぃ!

・・・と考えているなら、ちょっと深呼吸をして、ぼくの話を聞いて欲しい。

つまらない大人・・・

上司:「おい宮本!明日のプレゼンの資料作っておいて」

宮本:「は、はい。(明日のって・・・もう深夜12時回ってるんですけど・・・)」

上司:「お前はほんとに・・・何回同じミスすれば気が済むんだ!」

宮本:「す、すいません。」

上司:「だいたい、お前は仕事以外でも(云々かんぬん・・・)仕事に対する姿勢ってものが(グチグチ・・・)」

ぼくたちサラリーマンはなんて弱い存在なのだろうか・・・。

家族との時間や自分自身の時間を犠牲にして会社のために朝から晩まで働き続ける。けれども待ち受けているのは、いつ首を切られるのか?分からない状況。

時間も場所もお金も・・・すべて縛られた状態で、サラリーマンを続けていく意味が。生活のための資金を得ること。ただこの1点のみに集約されてしまう。

昔描いていた夢も、野望も。サラリーマンとして生きていきながら全て失っていく。

やがて、子供の時に一番なりたくなかった『つまらない大人』・・・へと成り下がってしまうのである。

他人からの評価ではなく、自分自身でも『つまらない大人』になったと・・・

本当の自分を失ってしまわないうちに。灼熱のように燃える熱い心が、完全に冷めてしまう前に。一念発起して独立起業。一発勝負に出たほうが、悔いが残らないのでないか?

そんな声が聞こえてくるようだ。

それでもなお、ぼくはサラリーマンを辞めて、独立起業しようとは思っていない。

様々な人々が、場所で、独立起業をして、自由な生活を手に入れたことを声高らかに情報発信をしている。確かに派手で羨ましい。自分の人生がちっぽけに思えてくると同時に強い憧れの対象となる。

でもぼくは知ってしまっている。彼らの実情というものを。

ぼくたちが抱くイメージは、巧みに操作されてしまっているということを。

『つまらない大人』の代表選手として万年平社員のいけてないサラリーマンがいる。『かっこいい大人』の代表選手として自らの力で活路を切り開き成功を手にするやり手経営者がいる。

これが現実の全てを表しているのではないこと。

逆に現実を歪めてしまっているということを、ぼくたちはもっと理解する必要があるのだ。

少し視点を変えて、ぼくたちサラリーマンが『ノーリスク』で得ることができるメリットを考えていただきたい。

  1. 例え勤務してる会社の景気が悪かろうと、倒産しようと、自分の銀行口座からお金が引 かれてしまうわけではない。
  2. 単に未来の給料が減ったり、止まったりするだけ。
  3. 個人的なリスクは無し。まるでゲームの中でノーリスクビジネスしているような状態。
  4. 大きな失敗をしても、仕事が多少出来なくても、出世できないだけ。または降格するだけ。クビにならない限り、収入がゼロになるわけではない。
  5. ほぼ一定額のお金が毎月給料として、銀行口座に自動的に振り込まれる。
  6. 半年に 1 回以上ボーナスが出る。
  7. 休みが週に1日〜2日もある。
  8. 会社の経費を使える。
  9. 出張費用は会社負担。
  10. 仕事関係の飲み代、上司の許可前提で会社負担。
  11. 会社のお金で研修受けたり、資格取得したりできる。
  12. 有給がある。
  13. 福利厚生がある。
  14. 支給開始が遅れてもまだ多少の年金は受け取れる!?

挙げ出したらキリがないぼくたちサラリーマンのメリット。起業している側。つまり雇用側の人間には持てないメリットばかりだ。そればかりか、ぼくたちサラリーマンのメリットは逆に雇用側枯らしてみればリスクである。

社員に対して毎月ちゃんと給料を支払わなければならない。社員自身や、その家族まで含めて責任を負っているという精神的なプレッシャーもある。

WEBビジネスが稼げるらしい?効率がいいらしい?

確かにそれは事実。実際にぼく自身、本業・副業ともに、WEBビジネスに大きく関わっているからはっきりと言える。

けれども、サラリーマンとしてのメリットを今すぐに全部捨てて、

「WEBビジネスでさっさと独立起業したらいいじゃん!」

・・・とは言えない。

なぜなら、ド素人が3日で100万円を稼いだ!なんていう話には、必ず裏があるし、仮にその実績が本当だったとしても、継続して実績を出すことが出来なければ、結局年収150万・・・なんてことも起こりえてしまうのだ。

では、ぼくたちサラリーマンがとるべき正しい道はどこにあるのか?

次回以降、詳しく考えていきたい。

追伸

つまらない大人の定義って何だと思いますか?

ぼくの中では、『つまらない大人=変わらない大人』なのです。サラリーマンや起業家なんてのは関係ありません。

約2年ぶりにあったのに、時が止まってしまったのか?と思ってしまうような人がいます。

2年前と同じように会社の愚痴を言い、2年前と同じように通勤電車に揺られている。

田舎でゆっくり暮らすのがいいよね。

会社を辞める勇気もないのに、現実逃避の妄想を、単なる妄想で終わらせてしまっているところも2年前と同じ。

申し訳ないですが、ぼくの中でこの方は、『つまらない大人』の代表選手なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA