たった1人が理解してくれる「ライフスタイル」を!

なぜ一個人でしか無い、現役サラリーマンだった当時の僕でも、まぐまぐ!30,000誌以上の中でもトップレベルの反応率を叩き出せる、メルマガを構築することができたのでしょうか?

それは僕が、メルマガで「情報」そのものを、提供しようとしていたのではなく、「ライフスタイル」を発信し続けていたからです。

僕自身が楽しみながら目指している「ライフスタイル」を、誰に媚びへつらうわけでもなく、あくまでも自己満足的に。

当時から僕は、自分の「ライフスタイル」に、こだわりを持っていました。たとえ、世の中の99%以上の方々が、認めてくれなかったとしても、理解してくれる方が1%いればそれでいいと。当時、僕自身が本当に達成したかった、人生の目標「生涯収入5億円」。達成に向かって、僕自身が色々と考えた戦略マップ。戦略を元にした僕の行動。

時として、社内に残っている上司に対して申し訳なさを感じながらも、19時前に会社を退社、黙々するために喫茶店に駆け込んだり。勇気を振り絞って有給休暇を提出。一日だけ休みを取って、フィリピン、マレーシア・・・不動産投資をするための旅に出たり。

考えと行動の課程を極力タイムリーに、読者さんたちに、シェアをし続けていたのです。

その結果・・・実際の考えと行動と共に公開していた、僕の「ライフスタイル」に共感してくれた読者さんたちが、1人、2人、3人、、、50人、、、、、100人、、、、1,000人徐々に増加し始めました。。

さらに、定期的に、継続的に、メルマガを通して、「ライフスタイル」に基づく、僕の考え、行動を発信し続ける度に、爆発的に増大していったのです。。。

サーバー世界を超えて、現実世界の中で、実際に行動してくれる読者さんが出現し始めたのです。

さらには、僕と同じように、圧倒的な結果を叩き出した、現役サラリーマンの方々も続出してしまったのです。

こうした、サーバー世界と現実世界の融合と連鎖の結果として、まぐまぐ!ナンバー1レベルの反応を誇る、メルマガを構築することができたのです。

僕は当時から、ずっと信じて疑いませんでした。

メルマガにしろ、ブログにしろ、SNSにしろ、発行者が多少実績が出ているからと言って、高みから見下ろす形で、情報を一方的に発信し続ける「WEBメディア媒体」など、読者さんにとって何も価値など無いと。

確かに、どうしても「後光」にかざされ続け、気持よくなり続けたい類の方々。

触れることもできないテレビの中のアイドルに憧れを抱き続けるかのように、単に媒体発行者に羨望の眼差しを送り続けたいだけの、方々にとってみれば、そういう大上段的媒体を、面白く感じてしまうかもしれません。

そして、単に自分の考えと行動の結果を発信し続けているだけの、僕の発行している媒体は肌に合わなく感じるかもしれません。

けれども、少なくとも僕が媒体を通して、伝えたい本当の仲間・・・僕と同じように、自らの意思と行動で道を切り開きたいと考えている方々。

自己実現意欲を抱く本当の彼らたちにだけは、僕のメッセージは届いてくれると信じていたのです。

最初から、100人中100人全員に理解してもらおうとは考えていませんでした。あくまでも、理解してくれる人が、100人中たった1人いればそれでいい。そう考えていたのです。

僕と同じような、考えと、行動のパターンを持ち、なおかつ、僕と同じように、たとえ現役サラリーマンという、自由の無き束縛された状態に置かれ続けていたとしても。

それでもなお、「生涯収入5億円」を達成しようと、具体的に考え、実際に行動してくれる。

たとえ勤務している会社の同僚たちに隠し事を持つ形になったとしても、家族の未来の安心・安定を獲得する決意を固めてくれた仲間。

そんな僕と同じ「ライフスタイル」を頂いてくれる仲間にだけ、伝われば良いと思っていたのです。つまり、実は単なる考えと行動に対する結果に過ぎなかったということ。

僕の媒体発行のスタイルが、僕が想像していた以上の、現役サラリーマンから共感とご理解を頂戴できたに過ぎなかったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA