【wordpressで会員サイト】有料会員向けの記事と無料会員向け記事の使い分け①

楽しむことは大事なマインドセットだ!

全体の投稿の中で、どの記事を無料で公開するのか?どの程度有料会員メンバー向けの記事を織り交ぜていくのがベストなのか?正直に言うと、これに関しては明確な答えはありません。日々、試行錯誤していく他ありません。

ただひとつだけ言えることがあります。それはお金を支払ってまで参加してくれている『有料会員』を満足させること!この一言に尽きます。

『WEBメディア』運営者の立場。そしてマーケティングの面から言えば、有料で出していもいいほどの価値ある情報ほど、無料で提供すること。さらにそれを広く伝える事によって知名度を上げ、信頼を勝ち取ることが大事になります。

一方で、価値ある情報を期待してお金を払ってくれた有料会員に対して、無料で提供している情報よりも価値のない情報ばかりを提供していたとしたら・・・。もちろんすぐに有料会員を解除されてしまうと思います。

有料記事と無料記事の使い分けに関しては、明確な解答のない問題です。だからといって諦めるのではなく、試行錯誤を楽しんでみてください。あなたのいろんな企みが、目に見える有料会員の数となって現れてくるはずです。

会心の一撃!とばかりに記事を投稿しても・・・まったく有料会員が増えなかったとしても、それは『ダメだった』という立派な結果を得たことになります。ダメだったのであれば、原因を考えてみましょう。

記事の書き方がだめだったのか?内容自体に魅力がなかったのか?そもそもアクセスの絶対数があまりに少なかったのか?

原因を考えて、実験と検証を繰り返すんです。

今、このテキストを読んでくれているあなたは、ここまでのミッションをクリアして自分の会員サイトをオープンさせているはずです。今までのように、いかにたくさんのコメントをもらおうとも、1円のキャッシュにも繋がらなかった『WEBメディア』しかもっていなかったあなたとは違うんです。

コメントやいいね!、はてなブックマークなどをたくさんもらえた。アクセスがたくさん集まった・・・つまり反応がすごく良かった記事が書けたときは、自然とテンションがあがったと思います。

でもGoogleアドセンスや、アフィリリンクなどを仕込んでいない・・・信頼を勝ち取るためだけの『WEBメディア』だった場合、あなたの満足度が上がるだけです。

もちろん『WEBメディア』に慣れる最初の段階では必要なステップでもありますが、今のあなたはコメントやアクセスではなく、有料会員の数。つまり売上という具体的な指標を手に入れています。

コメントなど読者と対話をしながら『WEBメディア』を育て、具体的に売上をあげられる状態にある!キャッシュを得ながら試行錯誤を楽しめる状態にあります。これこそが会員サイトを運営することの一番のメリット!

このマインドセットを十分に理解して、会員制『WEBメディア』の運営をぜひ楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA