特別コラム

【輸入ビジネス】工業は先進国ではどんどんジリ貧になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
level008
kabekami_0000
bnr_松山式#1

先進国と新興国、後進国の間にある大きな格差。それは所得格差です。

仮に先進国の平均所得が360万円だとして、新興国が100万円程度だとします。さらに後進国では30万円程度といったところ。

製品は、人の手を介して作られるものももちろんありますが、ほとんどは機械がその作業を行います。

単純な労働。これはぼくが『WEBメディア』を製作したりする時に、新興国の人材を有効に活用しているように、製造業の分野でも単純労働は、より人件費の安い国へと移っていきます。

さらーーーーに!新興国は自国の経済を発展させるために、より多くの海外企業を受け入れようと、税制面などを含めて様々な優遇措置を取り、海外からの企業進出を加速させています。(日本と真逆ですね・・・orz )

こうなってくると、新興国・後進国に進出していくことは、会社を経営する側の判断として当然のことになるんです。

さらに時は経ち・・・。海外企業で学んだ現地の人たちは、独立し、独自で会社を作り、会社を経営するようになります。

外資系企業の力を借りて、国の経済を発展させてきた国としても、もちろん自国民の経営する会社が有利に働く条件を作り出します。これらの会社は外資系企業と違い、より低コストで会社の運営ができるということになり、最初は大企業の下請けとしてスタートをしたものが、どんどん独自ブランドも展開するようになります。

こうして本格的な価格競争が始まるっていうわけですね。ローカル企業の下克上が始まっていくわけです。

トヨタなどの大企業が、なぜ年間数千億円単位のコスト引き下げができているのか?このことを改めて考えてみましょう!!

常に改善を繰り返し、企業努力をしていることにも理由はありますが、下請けに対しての仕入価格の引下げを常に行なっていることが大きな理由です。

トヨタが希望する価格で納品できなければ、その価格で納品できる先に仕事はすべて奪われてしまいます。常に下請けの中小企業が泣かされている現実があります。

日本国内で生産していたのではとてもコストが合わず、生産コストの安い海外に工場は移転します。それを希望していなくても、トヨタが海外進出すれば、納品をするために、そこについていくしか選択肢がありません。

でも移転をしたとしても、外国人経営の工場に比べ、ローカルがそこから独立して企業した工場のほうがコストが安く、最終的にはすべて取られてしまいます。さらにそれらのローカル工場も、お互いに競合し合い、価格競争は続き、製品の価格も、部品の価格も下がり続けるんです。

結果的に、付加価値の高い最終生産品を持っているメーカーはより強くなり、それ以外の会社は完成品を作る会社も、そこに部品を納品する会社も儲からないという構造に陥ります。

さらに言えば、それだけの競争が既に出来上がっている中、人件費コストが高く、様々な縛りのある先進国で、製造業という産業自体、新たな人を大きく雇用する理由など何処にも無いのです。

産業革命以来、先進国で多くの雇用を生み出し続けてきた製造業が、先進国では成り立ちにくくなっている現実。農業、サービス業に比較して、より高い所得を生み出してきた製造業という巨大な産業が先進国で成り立たない事実があります。

これをぼく達ひとりひとり、もっと深く考える必要があります。自分たちの次の世代に、この事実を理解させ、今後どのような仕事につかせるのか?どんなスキルを学ばせるべきなのか?これをちゃんとみんなで考える必要があるのです。

追伸:日付が迫っています。

数々のビジネス・投資を成功させ、数百億という資産を構築しているチャーリーさんのセミナー。

『物販を使って毎月30万円の外貨を稼ぐセミナー』

開催までの日付が迫っています。

東京、名古屋、大阪、広島、福岡、香川、仙台、札幌全国8箇所での開催になります。これからの部活動を加速させていくためにも、スケジュールを調整して参加してみてくださいね。

→ http://bit.ly/1baSuIc

セミナー費用

9,800円

セミナー内容

1)価格差のチャンスを何処から探すのか?誰でもできる方法
1. 100円均一はチャンスを見つける宝庫
2. 日本の雑誌、通販雑誌から商品を探す
3. 日経トレンディ、ダイムから売れ筋商品を探し、中国から仕入れる

2)ビジネスチャンスをこうつかむ
1. アメリカでその場で閃いた新しいビジネス /ブランド品売買
2. 流通経路からビジネスをつかむ /靴はほとんど中国で作られている

3)オリジナル商品を作る
1,エンジェル / 新興国向け化粧品を開発する
2,日本の観光地向けの商品を中国で作る 
3,自社で必要なものがお金に変わる / タオル・エコバック・名刺・印刷物

4)儲けるステップ
1. 最初になにを行うべきか?
2. 月10万円の利益を稼ぎ出す考え方
3. 月30万円の利益の作り方
4. 月100万円の利益の作り方
5. 月300万円の利益の作り方
6. 月1,000万円の利益の作り方
7. ビジネスを売却し、安定利息収益を得る 年収6,000万円

5)中国というチャンスを誰でも活用できる
1. 企業経営者の場合
2. ECショップ経営者の場合
3. サラリーマン、OLの場合
4. 自営業者の場合
5. 学生さんの場合
6. 子供に稼ぐ力を渡してあげる(仕組みを子供達に伝える)

6)物販ビジネスと複合投資
1. 究極の複合投資1 ◯◯不動産(究極△△&インカムゲイン&レバレッジ)
2. 究極の複合投資2 ◎◎◎◎(△△&長期固定インカムゲイン&レバレッジ)
3. 参加する誰もが億万長者を目指せる仕組み作り

参加特典

  • 特典1:外貨を稼ぐためのEブック無料プレゼント(29,800円分)
  • 特典2:中国仕入れで実際に作ってみたオリジナル商品を無料プレゼント(1万円相当)
  • 特典3:当日のセミナー動画を後日無料プレゼント
  • 特典4:随時追加される音声レポート

→ 『物販を使って毎月30万円の外貨を稼ぐセミナー』

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の向かう先が見えず悶々とした日々から抜け出したくて、転職を決意したぼく。主将宮本。勤務先はなんとマレーシアだった。。。ぼくは愛する妻と生まれたばかりの子供を日本に残し、単身マレーシアへいくことを決断した。

マレーシアに来て、WEBメディアに関わるようになり、日本よりも物価が低い国での暮らしも知り、アジア各国を回って経済を知り・・・投資を知り、騙されたりもして、辿り着いた先。

ぼくは『マーベリックWEBメディア部』を創り活動を始めた。ぼくが知り得るWEBメディア運営の情報を、メルマガという形で部員全員に共有させていただき、部員全員で「好きを仕事に」を目指していくWEB上の部活動だ!

どんなビジネスをするにしろ、これからはWEBメディアの運営が不可欠。期間限定で無料登録公開中。

マーベリックWEBメディア部 部員登録(メルマガ登録)

お名前(姓)*
お名前(名)
メールアドレス*
follow us in feedly

このカテゴリーの関連記事
特別コラム
large__8108903951

【輸入ビジネス】シャドーバンキングの問題点

中国のシャドーバンキングの問題は、今後の経済を読み解く上で、外してはならない一番大切なキーワードの一つとなっています。 シャド

特別コラム
090909-0

【輸入ビジネス】ものの価格は上昇しない

ぼくたち『マーベリックWEBメディア部』部員は、『WEBメディア』での情報発信力もそうなんですけど、なぜ今、物販力をつける必要

特別コラム
origin_499993338

【物販ビジネス】世界各地で伝染するデモ。今後のヨーロッパは?

世界各地で伝染するデモ 2010年から2012年に起こったアラブの春。そしてそこから広がった世界各地のデモや暴動・・・。その後

特別コラム
名称未設定-1

右肩上がりを捨てると大富豪

右肩上がりを追い求めないから大富豪になれる戦略術発表勉強会 大富豪たちの物販ビジネスに共通していることがあります。それは右肩上



Leave a Reply

*