特別コラム

【輸入ビジネス】シャドーバンキングの問題点

このエントリーをはてなブックマークに追加
level008
large__8108903951
bnr_松山式#1

中国のシャドーバンキングの問題は、今後の経済を読み解く上で、外してはならない一番大切なキーワードの一つとなっています。

シャドーバンキングというものがあります。シャドーバンキングとは、「銀行を介さない、取引実態が不透明な融資」のことです。銀行から融資を受けるのが難しい不動産開発会社、地方企業や個人などに、いろいろと迂回する形で融資を行う形態の総称です。

いま、このシャドーバンキングの規模が急激に拡大していて、最大で28兆元、日本円で約452兆円の融資額があるといわれています。

この中には、中国内の大手銀行が個人に対して販売している、通常の定期預金と比較して極端に高利回りの『理財商品』も含まれています。

不動産開発会社、デベロッパーの多くが既に銀行融資を受けられないため、一般企業、製造業等の会社から迂回して融資を受けています。

銀行は一般企業に年間5%程度の融資で貸し付けます。一般企業はデベロッパー、不動産開発会社に年間15%〜20%という、途方も無い金利で貸し付けます。

なぜ製造業企業はそんなことを行うのか・・・?まさに、本業のものづくりが価格競争に陥り、儲からないからなのです。本業で儲からない部分をカバーしなければいけないんですよね。

最初はリスクに感じていることが何度もうまく進めば、人間ってだんだんとそのリスクの本質が見えなくなってしまうものです。。。

100億円を5%で調達し、20%で貸しつければ15%の利ざやを取れます。年間15億円の利益を何もしないで上げることができます。

この儲けが当たり前になってくれば、永遠に続いてほしいという、根拠のなく裏付けの無い期待的な希望的観測の中で続けてしまいます。

そしてこれはバブルが崩壊する前の日本でもあったことでしたし、リーマン・ショック前のサブプライム問題がまさにこれと同様でした・・・。

では・・・このシャドーバンキングのどこにリスクがあるのか?  

デベロッパーが年間20%で資金調達をするのであれば、それ以上に高いリターンがなければ儲けを出すことができません。

デベロッパーとしての本来の建築段階での収益があるとしても、年間20%以上の不動産価格の上昇、物件価格の上昇がなければ、デベロッパー自体が存続できないのです。

そして、その不動産を一体全体誰が買うのかというと、多くは中国内に住む個人が購入するわけなのです。

既に自宅保有率が93%を超えている、中国人個人が買い手と想定され、これらの物件は作られています。現在の中国の不動産賃貸利回りは2%以下でしか回りません。

5千万円の物件を購入しても、年間100万円以下の家賃しか取れません。

銀行からの借入金利を6%として考えた場合、利息の支払いだけで年間300万円かかります。諸経費が年間30万円かかるとすれば、300万+30万円−100万円= 230万円  所有しているだけで年間230万円の赤字になるのです。

不動産価格が上昇することを見込んで、誰もが新規の不動産を購入しているのです。不動産価格の上昇がなければ、誰もローンを借りて持ち続けていることなど出来ません。

中国人の平均所得は年間100万円にも満たない状況・・・。年間100万円しか所得がない人が、年間230万円の赤字を耐え続けずことなど出来ません。とてもそんなローンなど支払いなんてできませんよね。

今までの10年、15年以上の間、中国では不動産価格が大きく上昇し続けたために・・・本来の大きなリスクに関して全員が目をつぶり、現状のリスクが見えなくなっているのです。

先日、中国内の短期金利が急上昇する局面がありました。

大きなローンを組んでいる人たちは、数%の金利上昇局面があれば、支払い負担増に耐え切れず、多くが破綻をすることになるでしょう。ましてや金利が高くなれば不動産の新規購入数は極端に鈍ることになります。

デベロッパーも物件が売れなければ、シャドーバンキングからの借入資金の返済ができません。返済ができなければそこで破綻です。

デベロッパーが資金の返済ができなければ、貸付をしている製造企業も破綻します。製造企業が破綻をすれば、融資を行なっている銀行も大量の不良債権を抱えることになります。

ひとつの不動産に対し、銀行は個人へのローン、デベロッパーへの融資、更にはシャドーバンキングとしての迂回融資を行なっている状況にあります。
本当にひどい状況、リスクの高い状況にあるんです。

現在はこの問題が表面化しないように、お金をじゃぶじゃぶ様々な形でまわしているわけですが、流石に限界に来ているのかもしれません。バブルの最終局面なのかもしれません。

中国の不動産バブルの崩壊は世界にも大きな衝撃を与えることになるでしょうね・・・

しかし中国自体、まだまだ成長過程にある国ですので、たとえ一度大きく落ち込んでも、そこから更に復活はしてくることになるでしょう。

ただしこの過程に於いては、国民の不満を外に向けさせることが大切ですので、日本に対しての批判は今まで以上に厳しくなるでしょう。そして日中関係は当面の間、よろしくない状態が続くと思います。

*注)この文章は、チャーリー・タカ氏からの寄稿文になります。

追伸:日付が迫っています。

数々のビジネス・投資を成功させ、数百億という資産を構築しているチャーリーさんのセミナー。

『物販を使って毎月30万円の外貨を稼ぐセミナー』

開催までの日付が迫っています。

東京、名古屋、大阪、広島、福岡、香川、仙台、札幌全国8箇所での開催になります。これからの部活動を加速させていくためにも、スケジュールを調整して参加してみてくださいね。

→ http://bit.ly/1baSuIc

セミナー費用

9,800円

セミナー内容

1)価格差のチャンスを何処から探すのか?誰でもできる方法
1. 100円均一はチャンスを見つける宝庫
2. 日本の雑誌、通販雑誌から商品を探す
3. 日経トレンディ、ダイムから売れ筋商品を探し、中国から仕入れる

2)ビジネスチャンスをこうつかむ
1. アメリカでその場で閃いた新しいビジネス /ブランド品売買
2. 流通経路からビジネスをつかむ /靴はほとんど中国で作られている

3)オリジナル商品を作る
1,エンジェル / 新興国向け化粧品を開発する
2,日本の観光地向けの商品を中国で作る 
3,自社で必要なものがお金に変わる / タオル・エコバック・名刺・印刷物

4)儲けるステップ
1. 最初になにを行うべきか?
2. 月10万円の利益を稼ぎ出す考え方
3. 月30万円の利益の作り方
4. 月100万円の利益の作り方
5. 月300万円の利益の作り方
6. 月1,000万円の利益の作り方
7. ビジネスを売却し、安定利息収益を得る 年収6,000万円

5)中国というチャンスを誰でも活用できる
1. 企業経営者の場合
2. ECショップ経営者の場合
3. サラリーマン、OLの場合
4. 自営業者の場合
5. 学生さんの場合
6. 子供に稼ぐ力を渡してあげる(仕組みを子供達に伝える)

6)物販ビジネスと複合投資
1. 究極の複合投資1 ◯◯不動産(究極△△&インカムゲイン&レバレッジ)
2. 究極の複合投資2 ◎◎◎◎(△△&長期固定インカムゲイン&レバレッジ)
3. 参加する誰もが億万長者を目指せる仕組み作り

参加特典

  • 特典1:外貨を稼ぐためのEブック無料プレゼント(29,800円分)
  • 特典2:中国仕入れで実際に作ってみたオリジナル商品を無料プレゼント(1万円相当)
  • 特典3:当日のセミナー動画を後日無料プレゼント
  • 特典4:随時追加される音声レポート

→ 『物販を使って毎月30万円の外貨を稼ぐセミナー』

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の向かう先が見えず悶々とした日々から抜け出したくて、転職を決意したぼく。主将宮本。勤務先はなんとマレーシアだった。。。ぼくは愛する妻と生まれたばかりの子供を日本に残し、単身マレーシアへいくことを決断した。

マレーシアに来て、WEBメディアに関わるようになり、日本よりも物価が低い国での暮らしも知り、アジア各国を回って経済を知り・・・投資を知り、騙されたりもして、辿り着いた先。

ぼくは『マーベリックWEBメディア部』を創り活動を始めた。ぼくが知り得るWEBメディア運営の情報を、メルマガという形で部員全員に共有させていただき、部員全員で「好きを仕事に」を目指していくWEB上の部活動だ!

どんなビジネスをするにしろ、これからはWEBメディアの運営が不可欠。期間限定で無料登録公開中。

マーベリックWEBメディア部 部員登録(メルマガ登録)

お名前(姓)*
お名前(名)
メールアドレス*
follow us in feedly

このカテゴリーの関連記事
特別コラム
名称未設定-1

右肩上がりを捨てると大富豪

右肩上がりを追い求めないから大富豪になれる戦略術発表勉強会 大富豪たちの物販ビジネスに共通していることがあります。それは右肩上

特別コラム
origin_499993338

【物販ビジネス】世界各地で伝染するデモ。今後のヨーロッパは?

世界各地で伝染するデモ 2010年から2012年に起こったアラブの春。そしてそこから広がった世界各地のデモや暴動・・・。その後

特別コラム
kabekami_0000

【輸入ビジネス】工業は先進国ではどんどんジリ貧になる

先進国と新興国、後進国の間にある大きな格差。それは所得格差です。 仮に先進国の平均所得が360万円だとして、新興国が100万円

特別コラム
090909-0

【輸入ビジネス】ものの価格は上昇しない

ぼくたち『マーベリックWEBメディア部』部員は、『WEBメディア』での情報発信力もそうなんですけど、なぜ今、物販力をつける必要



Leave a Reply

*