特別コラム

【輸入ビジネス】ものの価格は上昇しない

このエントリーをはてなブックマークに追加
level008
090909-0
bnr_松山式#1

ぼくたち『マーベリックWEBメディア部』部員は、『WEBメディア』での情報発信力もそうなんですけど、なぜ今、物販力をつける必要があると思うんですよね。

「えっ?『マーベリックWEBメディア部』って『WEBメディア』を使って、ライフスタイルに沿った情報を発信して稼ぐ部活動じゃないの?」

はい。それはその通りなのですが、すべてではありません。ライフスタイルに沿った情報を発信して、最終的には自分の商品(モノ、情報、サービス)に結びつけること。多くの場合は、情報やサービスという商品に結びつけていく事になると思います。

自分自身で魅力的な商品を創り出さないといけない・・・という大きな関門がありますが、中・長期的にみて地道にがんばることができれば、これが一番大きく稼ぎ、かつ自分も幸せな方法だということで、『マーベリックWEBメディア部』の一番の軸になっています。

けれども、『WEBメディア』というのは、個人のブログだけを指すのではなく、会社のWEBサイトもそうですし、FacebookやTwitterといったSNSも、Yahoo!オークションなんかの商品ページひとつにしても、その一部。WEB上で表現できるものが『WEBメディア』ということができます。

先ほど、ライフスタイルを軸に情報発信する方法論は、中長期的にみれば威力の最も大きい武器になるという話をしました。

しかし、問題は・・・短期的に結果を出にくいという点。良いも悪いも結果がでない。お金が絡んでいなくても、コメントなどももらうことが出来ずに、見ているひとがいるのかどうか?という結果も実感として分かりづらい点があります。何かしらの結果がでないということは、挫折してしまうことに繋がってしまいます。

短期的な目線でみた場合の『マーベリックWEBメディア部』の短所。これを補うための方法が、ぼくは『物販』だと思っています。

『物販』ビジネス自体を『WEBメディア』の活動とは別にして、短期的な収入を得るのもいいでしょう。もちろん状況によっては『物販+WEBメディア』のそれぞれの長所を組み合わせて、短期から長期まで見通した形を作ることもできます。

また『物販』自体は自分の手でやらなくても、ここにはすべての部員が、どんなライフスタイルを送っていようとも理解しておくべき知識・ノウハウが詰まっています。古くから続く物販ビジネスというものの理解は、ビジネスの本質を理解していくことと同義だということもできますよね。

『マーベリックWEBメディア部』でも、『物販』というビジネスに関してこれから深堀りした情報を発信していきたいと思います。

ものの価格は上昇しない

いま、いわゆる工業生産品に関しては、世界のトータルの需要よりも供給体制が圧倒的に大きい状況にあります。完全に供給過剰の状況なんですよね。世界全体を見渡して見れば、製造業や向上が多すぎていて設備が大幅に余っています。

一方で、会社というのは人を雇用しているので、お金を回し続けないといけません。作って作って・・・在庫を抱えているままでは、社員に給料を支払うことが出来ず、リストラをしたり、どんどんとビジネスを縮小していかざるを得ません。

だから、多少コストは合わなくても、会社そのものの運営を行うために、新しい製品を作り、売り続け、お金を回し続けるということを行います。

さらに今の世界の状況・・・。画期的な新製品がでても、すぐにそれはコピーされ、同じような商品が市場に出まわってしまいます。

結果的に、ひとつの商品の中での価格競争が起こるスパンが、製品が生み出されてから非常に短い期間で起こるようになっているんです。付加価値の低い製品を作る製造業は全く儲からない構造に陥ってしまっています。

世界中で情報が出まわるスピードがはやくなり、もはや情報の世界では物理的な距離の制約をまったく受けなくなった現在・・・。同じ製造業の競争の中で、人件費、生産コストの安い新興諸国と、先進国との間で競争が行われれば、先進国には勝てる要素はほとんどありません。

先進国に残される製造業は、本当に付加価値の高い製品だけになります。

けど・・・けどですよ。ぼく自身がマレーシアという新興国に住んでいるので、肌で体感できているのですが、新興諸国の技術の進化は非常に早くて、付加価値の高いほとんどの製品が新興諸国でも作れるようになってきています。

この事実を踏まえた上で、未来を考えた時に言えることは、先進諸国の工業自体が成り立たなくなる・・・ということ。そして、そこに多くの雇用は発生していかないという推測ができるんです。

追伸:日付が迫っています。

数々のビジネス・投資を成功させ、数百億という資産を構築しているチャーリーさんのセミナー。

『物販を使って毎月30万円の外貨を稼ぐセミナー』

開催までの日付が迫っています。

東京、名古屋、大阪、広島、福岡、香川、仙台、札幌全国8箇所での開催になります。これからの部活動を加速させていくためにも、スケジュールを調整して参加してみてくださいね。

→ http://bit.ly/1baSuIc

セミナー費用

9,800円

セミナー内容

1)価格差のチャンスを何処から探すのか?誰でもできる方法
1. 100円均一はチャンスを見つける宝庫
2. 日本の雑誌、通販雑誌から商品を探す
3. 日経トレンディ、ダイムから売れ筋商品を探し、中国から仕入れる

2)ビジネスチャンスをこうつかむ
1. アメリカでその場で閃いた新しいビジネス /ブランド品売買
2. 流通経路からビジネスをつかむ /靴はほとんど中国で作られている

3)オリジナル商品を作る
1,エンジェル / 新興国向け化粧品を開発する
2,日本の観光地向けの商品を中国で作る 
3,自社で必要なものがお金に変わる / タオル・エコバック・名刺・印刷物

4)儲けるステップ
1. 最初になにを行うべきか?
2. 月10万円の利益を稼ぎ出す考え方
3. 月30万円の利益の作り方
4. 月100万円の利益の作り方
5. 月300万円の利益の作り方
6. 月1,000万円の利益の作り方
7. ビジネスを売却し、安定利息収益を得る 年収6,000万円

5)中国というチャンスを誰でも活用できる
1. 企業経営者の場合
2. ECショップ経営者の場合
3. サラリーマン、OLの場合
4. 自営業者の場合
5. 学生さんの場合
6. 子供に稼ぐ力を渡してあげる(仕組みを子供達に伝える)

6)物販ビジネスと複合投資
1. 究極の複合投資1 ◯◯不動産(究極△△&インカムゲイン&レバレッジ)
2. 究極の複合投資2 ◎◎◎◎(△△&長期固定インカムゲイン&レバレッジ)
3. 参加する誰もが億万長者を目指せる仕組み作り

参加特典

  • 特典1:外貨を稼ぐためのEブック無料プレゼント(29,800円分)
  • 特典2:中国仕入れで実際に作ってみたオリジナル商品を無料プレゼント(1万円相当)
  • 特典3:当日のセミナー動画を後日無料プレゼント
  • 特典4:随時追加される音声レポート

→ 『物販を使って毎月30万円の外貨を稼ぐセミナー』

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の向かう先が見えず悶々とした日々から抜け出したくて、転職を決意したぼく。主将宮本。勤務先はなんとマレーシアだった。。。ぼくは愛する妻と生まれたばかりの子供を日本に残し、単身マレーシアへいくことを決断した。

マレーシアに来て、WEBメディアに関わるようになり、日本よりも物価が低い国での暮らしも知り、アジア各国を回って経済を知り・・・投資を知り、騙されたりもして、辿り着いた先。

ぼくは『マーベリックWEBメディア部』を創り活動を始めた。ぼくが知り得るWEBメディア運営の情報を、メルマガという形で部員全員に共有させていただき、部員全員で「好きを仕事に」を目指していくWEB上の部活動だ!

どんなビジネスをするにしろ、これからはWEBメディアの運営が不可欠。期間限定で無料登録公開中。

マーベリックWEBメディア部 部員登録(メルマガ登録)

お名前(姓)*
お名前(名)
メールアドレス*
follow us in feedly

このカテゴリーの関連記事
特別コラム
kabekami_0000

【輸入ビジネス】工業は先進国ではどんどんジリ貧になる

先進国と新興国、後進国の間にある大きな格差。それは所得格差です。 仮に先進国の平均所得が360万円だとして、新興国が100万円

特別コラム
large__8108903951

【輸入ビジネス】シャドーバンキングの問題点

中国のシャドーバンキングの問題は、今後の経済を読み解く上で、外してはならない一番大切なキーワードの一つとなっています。 シャド

特別コラム
名称未設定-1

右肩上がりを捨てると大富豪

右肩上がりを追い求めないから大富豪になれる戦略術発表勉強会 大富豪たちの物販ビジネスに共通していることがあります。それは右肩上

特別コラム
origin_499993338

【物販ビジネス】世界各地で伝染するデモ。今後のヨーロッパは?

世界各地で伝染するデモ 2010年から2012年に起こったアラブの春。そしてそこから広がった世界各地のデモや暴動・・・。その後



Leave a Reply

*