【物販ビジネス】世界各地で伝染するデモ。今後のヨーロッパは?

世界各地で伝染するデモ

2010年から2012年に起こったアラブの春。そしてそこから広がった世界各地のデモや暴動・・・。その後収まるどころか、今まで安定していた国やエリアでも広がる状態をみせています。

そして2013年は、世界の裏側まで飛び火している現状があります。ブラジルやトルコなど、成長国として注目をされている国々でも、二極分化によるデモ、人種間、宗教間の問題のデモ・暴動が起こっています。

FacebookやTwitter、インターネットを通じて情報が世界中に瞬時に伝わる現在、利便性が高くなった反面、今後このことは大きなリスクとして世界中にのしかかります。

・若い世代の失業率悪化の問題
・富裕層と低所得者層の二極分化の広がり

このあたりの問題は世界中の先進国でますます深刻になります。中国の沿岸部と内陸部との差は、ますます大きな中国内の歪を生むでしょう。

そして世界中で様々な形で起こっているバブルが崩壊した時、市民の鬱憤は必ず何処かに向いて吹き出します。世界中、今後このリスクはますます高くなっていくことになります。

そういう意味では、日本ではなぜ大規模なデモが起きないのか?
原発反対のデモに関しても、相当な報道規制がひかれたのか?
単にデモ自体に飽きてしまったのか?

最近ほとんど聞かれなくなったのが不思議でありません。今まで起きなかったからこれから起きないなどということはありません。

たとえ日本国内で問題が起きなかったとしても、隣国の中国や韓国との間では、領土問題が収まりません。そこからもっと大きなリスクに発展する恐れは常につきまとっています。

自分たちが今ある状況を、常に把握しておく必要性がますます高まっているのです。

ヨーロッパはどうなっていくのか?

ギリシア、ポルトガル、スペインなど、南欧諸国の若い世代の失業率が、どんどん悪化しています。

南欧諸国で現在60%を超えてきた失業率が、2014年には70%まで高まることが予想されています。若い世代にほとんど職がない、信じられない現状なのです!!

そして同じヨーロッパで所得の高い北欧の場合、高学歴でも就職先のない状況があります。

産業革命以来、大きな雇用を生み出してきた、製造業自体が先進国で成り立たない現状の中、ヨーロッパでは新しい産業が大きくは生まれてきてはいないのです。

雇用の受け皿がほとんどないのです。ここにヨーロッパ圏の本質的な弱さがあります。ただしヨーロッパ圏には長い時間をかけて培われてきた資産があります。

バブル崩壊後の日本のように、時間をかけながらだんだんと弱くなっていく。そんなイメージかもしれません。

ECB、各国トップを見ても、アメリカの金融資本主義型の回復を目指そうとしていますが、本質的な問題解決はなかなかできません。

経済自体全体で大きく改善していく目処はなかなか見つけにくいです。お金は継続的に擦り続けることになるので、南欧の不動産価格そのものは底入れするでしょう。

しかし雇用が生まれない中で、投資効率の良い賃貸市場が形成されるわけではありません。残念ながらここには、今後も不動産投資妙味は訪れないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA