【外注委託】再投資のルールを決める。

『WEBメディア』を使ったビジネスを始める場合、最初はアメブロなどの無料ブログを使い、できるだけ初期投資を減らす工夫というのはあると思います。けれども、どこかのタイミングである程度の初期投資をかける部分が出てきます。

それぞれ使える予算は違いますし、一概に言うことはできませんが、自分の出来る範囲で、うまく自分の時間を節約する方向に投資をしていくことは大事になります。

ここでは初期投資のことはまず除外して、副業からの収益(副業用銀行口座に入ってくるインカムゲイン)をどのように再投資すれば良いのか?という点について考えてみたいと思います。

ルールを決めることが大事

副業を行うことで稼いだお金。使いたいことってたくさんあると思うんですよね。例えば、副業で3万円稼ぐことができた!いつもの給料よりも使えるお金が3万円増えたら、何を買おうか?どんな贅沢をしようか?って思ってしまいますよね。

それが悪いことだとは思いません。そもそも副業を始めたのはきっと、今よりも豊かな生活をしたい!そういう想いが少なからず詰まっていると思いますので。それは自然な流れですし、至って普通の感情です。

けど・・・、副業で稼いだお金を簡単に使ってしまう前に、少し考えてもらいたいことがあります。それは、

『お金があれば、ビジネスを加速させることができる!』

といことです。

どういうことなのか?話はとても単純です。

お金があれば、外注さんを使うことで、自分の手が回っていなかった部分を作業してもらい、プロジェクトを加速させることができます。

お金があれば、広告を打つことでよりスピーディに集客を進めることができます。

『お金があれば、ビジネスを加速させることができる!』これは紛れもない事実なんです。

プロジェクトにかけるお金があまりない最初の頃は、自分の時間をお金の代わりに使うことで、ビジネスを加速させていくしかありませんが、仮に『WEBメディア』からキャッシュが上がり始めたとしたら?

受け取ったキャッシュは、プロジェクトに再投資していくことが大事です。

個人的には、月に50万円以上のキャッシュを生み出すまでは、全額再投資に回す・・・ぐらいの勢いが必要だと思っています。本気で加速させていきたいなら、外注費に加えて広告費をかけていく必要があるからです。

ただし、何のご褒美もなしでひたすら続けていくのは辛い・・・そう感じてしまうのもまた事実。だから、再投資に使う割合を自分の中のルールとして決めてしまいましょう。月トータルの利益の3割は自分のお小遣いに。残りの7割は外注費や広告費に・・・という風に。

この例でいくと、3割部分は副業用の銀行口座から別のプライベートな銀行口座へ資金を移動させます。副業用の銀行口座を使うということは、こういうところでも管理に役に立つんです。

どういう割合で配分を決めればいいのか?これは、各々の状況によって変わってくるでしょう。状況に合わせて、できる範囲で決めてみてください。
さらに個人的な意見を言わせていただくと、先ほどの例の3割部分。これを例えば、香港の長期積立ファンドのような投資にあてて、さらに『お金にお金を生ませる仕組み』に投資していくと、長期的にみればさらに資産額の増大を加速させることができると思いますね。

この辺りの海外投資に関しても、興味があれば連絡してくださいね。

『プロジェクトに再投資をする』という点について、最後に1点だけ。 再投資をしなければ稼ぐことができないというわけではありませんので、この点は勘違いをしないようにしてください。

再投資はあくまでも、稼ぐまでの時間を早めるための効果的な手段です。再投資をしなくても、自分の時間を使うことで、今よりも良い方向に向かうことはできると思います。

ただし、その分・・・自分の労力も時間も使い倒してしまいますので、やはり『再投資』の部分は必ず必要になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA