【マーベリック】3年間で「50億円」販売した秘訣

【マーベリック】3年間で「50億円」販売した秘訣

【目次】

  • 主将宮本:相手のハートを鷲掴みにするタイミングとは?
  • 副将サブ:中国と香港の資産家も
  • ブロガー東山:流入キーワードが取得できない未来
  • コーチJ(ジェイ):2月8日(土)は空けておいてください。
  • コーチ真田孔明:3年間で「50億円」販売した秘訣

主将宮本:相手のハートを鷲掴みにするタイミングとは?

「この商品はおすすめですよー!」

「絶対買ったほうがいいですよ!  今なら1割引ですよー!」

「奥さん!新商品がでました!!!」

買え買え買えーーー。そんな言葉では人は動かない。駄目なセールスも数撃ちゃ当たる・・・かもしれないが、トータルで見ると、やっぱり駄目である。

何事もタイミングが命!

ぼくたちが 『WEBメディア』を使って ビジネスを仕掛けていく時。ターゲットは、 紛れもなく人間だ。人間の心は、 ちょっとしたことで揺れ動く。思わずスキップしてしまうくらい ワキワキ(ウキウキの最上級)してしまう時もあれば、漫画ワンピースの四怪人のひとり。ペローナにネガティブホロウを食らった時のように ネガティブになってしまう時もある。

同様に・・・ ある商品を買いたくてしょうがないときもあれば、全く魅力を感じなくなってしまう時もあるのだ。

ビジネスを仕掛けるということは、何かしらの商品(もの、情報、サービス)を提供し、購入してもらわなければならない。

人間の心が 揺れ動きやすい事を考えると、購入したくてたまらない!状態の時に、商品を提供するのが最適なのだ。

あなた:「主将!お言葉ですが、そんなの当たり前じゃないですか!」

・・・なんて、 食って掛かってくる人に限って、毎回アフィリエイトリンクばかりを 貼りまくっているようなWEBサイトやメルマガを 発行していたりするからおもしろい。。。

毎回売り込みをかけて、たまたま顧客の気分が盛り上がっている タイミングに合致するのを待つ戦略だろうか?

WEBビジネスの基本戦略(一般論)

あなた:「購入したくてたまらない人が、どこにいるか分かったら苦労しませんってば!」

仰るとおり!でもそれは、現実世界での話。WEBの世界には当てはまらない。なぜなら、WEBの世界では、

  • ユーザーがどんな検索キーワードを使っているのか?
  • その検索キーワードを使っているユーザーはどのくらい存在するのか?

簡単に分かってしまうのだから。

キーワード広告(PPC)に出稿して、アクセスを集めて販売する。SEO対策を突き詰めて、検索の上位表示をさせて販売する。どちらも、狙うキーワードを予め定める形で取り組んでいく。

購入したくてたまらない人が使うであろう検索ワードを予想し、求めるものを検索結果の先に用意してあげるのが WEBビジネスの肝になるところだ。

『具体的なデータを元にして、タイミングばっちりのホットな顧客にアプローチをする!!』

まさにカンニングができてしまうのがWEBという戦場。逆に言うと、カンニングを行うことが WEBで戦う基本戦略になるのだ。

【マーベリックWEBメディア部】主将 宮本盟

追伸

検索キーワードを調べ、検索ボリュームを調べ、ニッチで売れる市場にあたりをつける。質問と同義である検索ワードの答え(商品)を用意して提供する。

簡単なことなのだ。

・・・が、単純なだけにかえって奥が深い世界になっている。

今日は、基本の「基」の考え方としてしっかり理解をしていただきたい。

副将サブ:中国と香港の資産家も

中国共産党の幹部や軍の用心など12人の親族などが、イギリス領ヴァージン諸島BVI(British Virgin Islands)に法人や信託会社を設立して、資産を隠し持っていると報道されました。

国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)「The International Consortium of Investigative Journalists」が、2013年5月に独自で入手した資料では、カリブ海周辺の イギリス領ヴァージン諸島やケイマン諸島など 租税回避地に設立された法人や信託会社関係者として、中国在住者2万2,000名該当しました。

中国在住者が設立した ペーパーカンパニーの数は、10万社にのぼっています。

2万人、10万社で、どれくらいの資産が中国から租税回避地に移動しているのか?

2000年以降1兆から4兆ドル規模の 資産が移動されていると報告されています。中国で租税回避地を利用している人の資産規模は、大きなものであるということが読み取れます。

通貨の持ち出し制限により、海外へお金を移動する手段が限られているため、去年末、中国人投資家からの買いが殺到して、仮想通貨であるビットコインの価格が急騰してしまうなど、中国人資産家は、どのように国外にお金を移動しようか常に考えているようです。

そこに目をつけた アメリカの大手監査法人やスイスの大手銀行などが、租税回避地での法人設立をサポートしたり、ヨーロッパの金融機関が、党の幹部や経営者をターゲットに資産管理ビジネスを行っていることのこと。

色々なルートから入ってきたお金だったりするので、法人の取引などで、帳簿上に現れる資金移動は、 難しかったりもしそうですね。

ちなみに、中国の法人税は、25%。居住法人の場合は、国内・国外源泉の所得について課税されます。個人の所得税は、累進課税で、最大45% 中国国内に1年以上居住している個人については、中国国内外で得た収入に対して課税されます。

韓国でも国税庁は、租税回避地のペーパーカンパニーに関する資料を手に入れ、調査を実施し、韓国人と推定される405人を抽出、267名の身元を突き止めました。2013年上半期には、脱税容疑者127名を調査して、合計で、6,016億ウォン=約540億円 の追徴課税を実施しています。

韓国の法人税は、地方所得税と合わせて、最大で24.2%。個人の所得税は、累進課税で最大38% 1年以上居住している個人については、韓国国内外で得た収入に対して課税されます。

中国も韓国も日本と同じで、居住者の場合には、国外収益へも課税させる税制となっています。

単に租税回避地に会社を設立しても公開されたリストによって、簡単に法人オーナーが特定されてしまうため、資金の移動方法などを熟知していないと、追徴課税の対象となってしまいます。

日本でも、去年12月に名古屋の会社が租税回避地での所得隠しを指摘され、約2億円の追徴課税となりました。

今後は、低コストで租税回避地の 法人設立・運営を考えるのではなく、アマゾンやグーグルが利用している「ダブルアイリッシュ」や「ダッチ・サンドイッチ」 のような合法節税スキームなど、各国の法律を熟知したコンサルタントによる 合法的な資産移動手段が主流になってくる可能性があります。

日本の場合は、3年で税務調査が入るケースが多く、納税漏れが発覚すれば「加算税・延滞税」がつきます。悪質でないケースは、本来支払う額の1.15倍。悪質なケースは、本来支払う額の1.5から2倍になってしまう試という算があります。

「税金は0だから!」

と思っていたら、一気にまとまった額のキャッシュアウトが必要になることも想定できるので、日本居住者の場合は、海外税務に詳しい税理士さんに確認が必要になります。

【マーベリック WEBメディア部】副将 土居三郎

ブロガー東山:流入キーワードが取得できない未来

運営しているブログやサイトに、アクセス解析を導入されている方は、すでにご存知だと思いますが、最近、ブログ、サイトへの流入キーワードが取得できなくなってきています。

Googleは昨年夏頃対応済み。Googleは昨年の夏頃、原則、SSL通信で検索キーワードの送信を行うように、仕様変更されています。これまでどおりの検索を行おうとしても、強制的にSSL通信のアドレスに変更されるのです。

このため、Googleの検索結果からの、サイトへの流入キーワードが、私達が運営するブログやサイト側で 取得できなくなっているのです。

Google Analyticsで流入キーワードをチェックした時に、not providedと表記されているのが、 まさにこの影響を受けたアクセスですね。

米Yahooも発表

実は、昨年11月頃、米Yahooでも、SSL通信導入の発表があり、近々、仕様変更がされることが明らかになりました。しかも、Yahooの場合は、Yahooから流入したことすらわからないとか。

Yahoo! Japanが今後どうなるか?

これについては動きがないようですが、世界の流れとしては暗号化が進んでいるので、時間の問題と考えたほうがいいかもしれません。

ほとんどの場合、一般サイト、一般ブログ側で検索ユーザー個人の判断はつきません。ですから、 アクセス自体がほぼ匿名と考えることもできます。

ですが、IPアドレスやブラウザ情報など手がかりを 残すことは間違いないので、検索キーワードを公開している今の状態は、プライバシーとして問題がある、という判断がされているということですね。

これまでできたことができなくなる

これまではアクセス解析を使っていれば、

  • 商品購入につながったアクセス
  • メルマガ登録につながったアクセス

など、アクションを起こしてくれたアクセスと、その流入キーワードをしっかりと追うことができました。アクションの起きる流入キーワードがわかれば、サイトのコンテンツ作成段階からアクションのあるキーワード達にサイトを最適化していくことが出来ます。売上につながるアクセスを、増やす努力ができたのですね。

ですが・・・もし、今後完全に 流入キーワードが取得できなくなれば、これができません。Googleが提供しているキーワードプランナー等の統計情報から判断するしか無いということですね。

つまり、こうした統計情報では見えなかったオイシイキーワードを見つける手段を、将来的には失ってしまうことになるかもしれないのです。

まだ、Yahoo! Japanからのキーワードは取得できます。

ですから、今のうちにちゃんとアクセス解析ツールを仕込んで、実検索キーワードを蓄積しておきたいですね。

【マーベリック WEBメディア部】東山トオル

コーチJ(ジェイ):2月8日(土)は空けておいてください。

平城式facebookでは、facebookを起点としながらも、ブログやメールマガジンを使ってキャッシュポイントを構築していく方法を お伝えさせて頂いています。

動画コンテンツの6時間目の、『相手の50センチの距離に飛び込むメルマガ戦略』に収録されている、 私が独自に開発した『平城式メルマガシステム』。

私が運営するITエンジニア向けのメールマガジン、『スーパーエンジニア養成講座』は、1つのメール配信につき、読者さんからの感想が毎回平均50件も届くという、他では例を見ないほど反応が高い媒体となっています。この反応を支えているのが、私が独自に開発したメルマガシステムでした。

決して読者を煽ったり搾取するためではなく、『読者との本当の信頼関係を構築したい』。私はこのように考えて、このシステムを開発しました。

私は大学時代にインターネットに出会い、その素晴らしさに可能性を感じ、また一方で社会人になってみて想像もしていなかったストレス社会に戸惑い、憤りを感じ、『ITを活用することによって世の中を変えたい』と本気で考えてきました。

『芸術やスポーツで人を感動させられるのであれば、プログラミングでも感動させられるはず』という信念を持って、サーバー世界にプログラムをアウトプットし続けました。

その結果、23歳で1人で作ったショッピングカートのシステム『SHOPMAKER』は、利用者の方から 『感動した』と言って頂くことができ、現在は1万社以上に利用して頂けるまでになっています。(パートナーの裏切りにより今は私の手を離れてしまいましたが。。)

27歳でこれまた 1人で作ったマッチングサイト『@SOHO』は、現在21万人の方に 利用して頂けるまでに成長しました。

といった現象が起きました。

そして4年前の 33歳の時に作り上げたメルマガシステム。それは、

  • 一方通行ではなく、双方向のやり取りを実現したい
  • 発信者と読者の一対一のやり取りを実現したい

という思いを実現させるためのものでした。

結果的に、約1万2千人のメルマガ読者に対して、一通メールを出す度に平均50件の感想を頂ける、高い反応率を持つメルマガを育てることができたのですが、反応だけではなく、メルマガ読者の方の中から、次々と成功者が出てきたのです。

  • 年収1千万円を超えた人
  • 年収2千万円を超えた人
  • 受け入れできないほどの仕事が舞い込んで来るようになった人

などなど。メルマガ読者との濃い関係を築けるという点において、間違いなく現存するメルマガシステムの中では最高峰であると思います。

ただ難点は、このシステムは私にしか使えなかったことです。自分専用に作りこんでいるため、他の方に使って頂くことができなかったのです。

しかしこのプログラムが、エンジニア講座のエース的存在の天才プログラマ『畑智彦』の手により拡張され、いよいよ皆さんにも使って頂ける準備が整いました。

その説明会を、2月8日(土)に、東京にて開催します。

ちょうどこのタイミングで孔明さんも日本に入っていますので、当日はシステムの説明だけでなく、孔明さんの方から、『最強メルマガの極意』についてもお話させて頂きます。

私が孔明さんに初めて合った2010年。その頃、孔明さんはサラリーマンであるにも関わらず、 1週間に1度、2時間程度メールを書くだけで、毎月300万円〜400円という副収入をあげていました。

私の知る限り、メルマガを書かせたら日本最高の人物です。私のメルマガやfacebookの文章も、原点は孔明さんとの出会いにあります。

これまで、メルマガのノウハウについては 滅多にに語ることの無かった孔明さん。今回はこの極意についても お話させて頂きます。

参加方法は、

  • 当日会場にて参加
  • 遠方の方のために、Ustreamにて参加
  • 当日時間調整が難しい方のために、動画購入

の3パターンで受付させて頂きます。

<会場> 都内某所

<時間> 13時〜17時(開場:12時半)

<参加費用>
– 9,800円・・・一般
– 4,900円・・・100億円不動産王倶楽部、神ブロガープロジェクトメンバー

お申込みはこちらから  

【マーベリックWEBメディア部】コーチ J(ジェイ)

コーチ真田孔明:3年間で「50億円」販売した秘訣

僕たちが海外不動産を、2011年〜2013年の3年間で「50億円」販売した方法を公開させて頂く。

MacBook Air一台。営業マンゼロ名。僕と事務局員のメールの応対だけで、約400戸の高級コンドミニアムを販売してしまった秘密。「海外不動産50億円販売発覚記念」として、2月9日(日)に開催される 特別なイベントの中で公開させて頂く。

孔明さん、J(ジェイ)さん、50億円を突破してますね!

F.L.P.社加野社長:「孔明さんたちの実績・・・改めて計算するとすごいことになってますね。円換算で50億円を突破してます・・・。」  

海外不動産の販売とコミッションの管理運営をする専門会社、F.L.P.(未来人生設計)社の加野代表取締役社長からの報告で知ることになった実績である。

なんと僕たちは、2011年〜2013年までの約3年間で、約「50億円」も高級コンドミニアムを中心とした海外不動産を、販売していたのだ。。。

たとえば・・・代表的な案件の数字を抽出しただけでも・・・

  • フィリピン高級コンドミニアム:販売戸数144軒・14億4,519万円
  • マレーシア高級コンドミニアム:販売戸数90軒・22億271万円
  • タイ高級コンドミニアム:販売戸数113軒・8億6,541万円  

これら代表的な案件の実績だけでも、合計販売戸数347軒・45億1,331万円。その他もろもろ含めると、 50億円を超えていたのだ・・・。

しかもこれは、営業マンを一人も雇うこと無く、実現させてしまったのだ。

販売金額合計50億円。

F.L.P.社の加野代表も全てレコードを持っていて、海外不動産販売業者もレコードを持っていて、デベロッパーもレコードを持っている。嘘偽りの無い実績である。

一番驚いているのは僕たち自身だったりする

孔明:「フフフ。予め分かっていたことです。全て僕の計画通りになりましたよ(ニヤリ)」     

・・・とでも言えれば格好良かったのだが。。実は正直、まさかこれほどまで 実績が積み上がっているなんて、思いもよらなかったのだ。

僕とJ(ジェイ)は共に、自分で不動産販売業者として活動しているという意識などは、微塵たりとも無かったのだから。。。

「そんなに海外不動産を販売できるなら、本格的に不動産販売業者を立ちあげたり、もしくはデベロッパーとしてやった方がよかったですね!」  

と、業界をよく知る方に言われたものの。蓋を開けてみたら結果として、莫大な金額に積み上がってしまっていただけだ。

僕たちのスタイルはあくまでもブロガー。

ブロガー活動を地道にやっていただけであって、その結果が業界でも異常と呼ばれる位の、レベルに到達してしまっていただけなのだ。

ただし・・・

今回のタイミングで、改めて振り返り分析してみたところ。この結果を叩き出せた要因は、偶然でもラッキーでもなく、必然だったことが判明した。それは、僕たちが半ば無意識の内にやっていたことが、不動産など、超高額商品を販売するのに対して、もっとも効果的、効率的な形で、行われていたからだ。

僕たちが「50億円分の海外不動産」を3年間で販売することができた理由。

それは、『特別な戦略術』である。

実は今回、「海外不動産50億円販売発覚記念」として。僕とJ(ジェイ)が、特別講師としてお話させて頂くイベントが、僕の今回の日本滞在中、開催されることになった。

「海外不動産50億円販売発覚記念」 のイベントは、2月9日(日)開催。F.L.P.社加野社長主催のセミナーで、海外投資案件コミッション営業活動を行う側の方々に向けたセミナーで。同じく僕とJ(ジェイ)の2人が、ギャラあり(嬉)の特別講師として、「海外不動産を50億円売った男たちの戦略術」というテーマでお話することになった。

  • 特別講師:真田孔明、J(ジェイ)
  • 日時:2014年2月9日(日)14時〜18時(13時30分開場)
  • 場所:東京某所
  • 参加費:3,000円(100億メンバーは実費負担のみ)

特別講師として呼ばれ、 非常に名誉なことである。ただし「海外不動産を50億円売った男たちの戦略術」は、予め「F.L.P.プランナー」に、登録しておくことが参加条件がついている(登録無料)。

僕たち2人が「50億円分の海外不動産」を3年間で販売してしまった秘訣が全て公開されるわけだ。

MAX参加可能人数50名と、限りがあるので。フォームから今すぐお知らせ頂きたい。

「海外不動産を50億円売った男たちの戦略術」の詳細を確認する(会場MAX50名とのこと)

【マーベリックWEBメディア部】コーチ 真田孔明

【編集後記】

お疲れ様です。主将の宮本です。

先日からお伝えしているマーベリックアフィリエイトセンター。早速、成果第一号を出す部員が現れてきました。

1件成約。報酬額10万円(ドーン)!

チャンスなのは今も代わりません。ですがこのチャンスも時間とともに・・・という類のものですね。チャンスをものにしたい場合は、マーベリックアフィリエイトセンターの活用を検討してみてください。

*マーベリックアフィリエイトセンターを利用するには、まずプレミア部員への登録が必要です。

マーベリックプレミア部員の詳細を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA